Back to top

小児矯正歯科の期間

Pediatric orthodontic

小児矯正歯科の期間

Mother and Daughter Hugging

小児矯正では、歯の状態に合わせ、歯並びや噛み合わせを整えて行きます。

小児の場合は、顎が成長する時期も考慮する必要があります。

顎は、歯が並ぶ為の大切な土台となります。

この顎の大きさに合うような形で、歯が綺麗に生えれば大きな問題にはなりません。

しかし永久歯が生え変わる際には、乳歯の時よりも大きな歯が生えて来ます。

この大きな歯に対して、顎の大きさが合わない場合には、歯並びが乱れたり、噛み合わせが悪くなってしまいます。

噛み合わせには顎のバランスが大切です。

小児矯正では、顎の成長に合わせて矯正期間も調整して行きます。

一般的に大人の矯正期間では1年~2年度程が平均的な目安になりますが、小児矯正の治療期間は、長期になる場合があります。

成長過程において、歯が永久歯に生え変わったり、更に顎も成長するので、適切な時期を見分ける事が大切です。

また小児矯正を始めた場合、矯正期間中の治療費も考慮する必要があります。

長期間になると費用もかかりますが、同時に子どもの精神的負担も増します。

このような点も考慮した上で、正しい診断のもとで最適な時期に矯正を始めることが望ましいでしょう。

他にも、小児矯正では治療を進める期間において、注意すべき点があります。

歯に矯正装置を装着する分、歯磨きが雑になったり、上手にできない場合があります。

このような事が慢性的に繰り返されると、虫歯の原因となり、特に矯正装置周辺が虫歯になってしまう可能性があります。

また顎の成長を促したり、抑えたりする為にヘッドギアのような大掛かりな矯正装置を付ける場合もあるので、このような場合には心理的負担がかかります。

歯の状態によっては、治療しないと顎の変形につながってしまう場合もあるので、早めに相談されると良いでしょう。