Back to top

受け口の小児矯正歯科治療

Pediatric orthodontic

受け口の小児矯正歯科治療

Little Girl Outdoors

前歯が前の方へ突き出ている状態を、一般的に出っ歯と呼んでいまいます。

このような歯の形になってしまった場合、小児矯正によって早めに治せるようになりました。

一昔前では、自然な歯の形のままという人も多かったと思いますが、最近では早い時期に小児矯正等によって積極的に治す人が増えてきています。

 

口元は印象が強く残る場所でもあります。

出っ歯の場合には、歯の形が目立つだけでなく、口元も飛び出たような形に見えます。

このような場合、本人も見た目を気にして悩んでいることがあるので、早めに小児矯正で治す時には精神的メリットも大きいと思います。

 

また出っ歯の場合は、噛み合わせに問題が生じていることもあります。

例えば、歯の噛み合わせが低い場合、下の歯が前歯の裏側に当たり、慢性的に歯茎を傷つてしまっていることがあります。

このような場合には、小児矯正を行って噛み合わせを調整すると改善ができます。

 

乳歯の生え方によっては、永久歯に影響を与えることもあるので注意が必要です。

また顎の形やサイズ、バランスにより、永久歯の歯が綺麗に並ばないケースもあります。

このような場合には現状の歯の状態によって予測できる時もあるので、心配な場合には、早めに歯科医師に相談すると良いでしょう。

 

矯正を始める時期については、歯の状態によって最適な時期が異なります。

永久歯が生えそろった頃に行う方法が一般的ですが、顎や歯の状態により、ベストな時期が変わります。

少し歯並びを整える程度であれば、成人してからでも矯正治療は間に合います。

小児矯正では、長期化する可能性もあります。

このような点も考慮した上で、既に出っ歯で悩んでいたり、噛み合わせに異常が見られる場合には、歯科医師の相談される事をお勧めします。