Back to top

保険適用の部分入れ歯

Denture new

保険適用の部分入れ歯

保険を使用して部分入れ歯を作った場合には、金具を引っかけて使うタイプの部分入れ歯になります。

この金具部分は、金属のバネになっており、この金具を軸となる歯に引っかける事によって装着できます。

保険の部分入れ歯では、この金具部分が銀色なので少し目立ってしまいます。

通常、歯は白系の色をしているので、口の中で銀色のものが光ると目立ってしまうデメリットがあります。

しかし、保険の部分入れ歯では、このようなタイプしか作れないので、現状としては我慢して使用している人が多く見られます。

もし保険の部分入れ歯の金具が気になるようであれば、保険外となってしまう他の義歯を検討する必要があります。

 

保険の部分入れ歯は、自分の歯とは異なるので、ものを噛む力が弱くなってしまう事があります。

また初めての入れ歯が部分入れ歯になる人も多いので、装着時に強い違和感を感じる人もいます。

部分入れ歯の周りの歯には、引っかける為の金具が装着されるので、虫歯になりやすい傾向があり、このようなデメリットを理解した上で普段から虫歯予防に努める必要があります。

部分入れ歯を装着したばかりの頃は、違和感や圧迫感がする場合がありますが、徐々に装着時間を増やしていくように工夫をすれば慣れるでしょう。

 

部分入れ歯は、お手入れも重要です。

残っている健康な歯が虫歯にならないように、部分入れ歯も普段から清潔に保つことが大切です。

部分入れ歯を不衛生な状態で使用していると、歯茎や歯の周辺が炎症を起こしてしまう事もあるので注意が必要です。

一度部分入れ歯を作っても、歳をとると徐々に顎の骨が少しずつ溶けてしまい、入れ歯が合わなくなって来るので、定期的に調整する事も重要です。