WEB予約

入れ歯が合わなくて食事が楽しめない場合の解決方法!

入れ歯が合わない!痛くて食事も楽しめないときの解決方法は?

kuga1

入れ歯はしばらく使っていると合わなくなることがあります。
そのため、「入れ歯が歯ぐきに当たって痛い」、「入れ歯と歯ぐきの間に物が挟まり痛くて食事が楽しめない」などの悩みを抱える人が少なくありません。
[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”3f.png” name=”花子”]入れ歯が合わないと日常生活で困ることが多いようですね。
[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”16.png” name=”久我山太郎”]そうなんだ。
入れ歯が合わなくなると痛いだけでなく、外れやすくて食べにくいという人も多いし、しゃべりにくいという人もいるし、悩みは深刻なんだよ。
[/speech_bubble]
 

入れ歯が合わなくなる原因とは?

ireba

入れ歯は歯が抜けた後の歯ぐきを土手にして上に乗せ、唾液が吸着の役割をすることによって固定するという仕組みです。
   
しかし、歯が抜けて20年ほどたつと支えていた骨はやせ細り、ほとんど平らになってしまうので入れ歯の接着できる面積が小さくなってぐらつくようになります。
   
[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”2i.png” name=”麗子”]入れ歯が合わなくなるのは加齢のほかに歯周病も影響しているでしょうか?
[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”19.png” name=”久我山太郎”]そうだね。骨の退縮は加齢だけでなく、歯周病によっても起こるよ。
また、止め金のついたタイプの入れ歯の場合、止め金をかける歯が歯周病などで動揺してしまうと入れ歯がぐらつくこともあるね。
   
それから、残念なことだけど入れ歯を作った時点でうまく合っていなかったということも考えられるんだ。
[/speech_bubble]
 

合わない入れ歯を使い続けていると?

nayami

入れ歯の悩みとして多いのは「痛い」、「噛めない」、「外れやすい」などです。
合わない入れ歯を使っていると食べにくくなり、楽しいはずの食事もストレスになってしまうことがあります。
   
また、噛めないことによる影響は全身の健康にも及ぶといわれています。
[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”30.png” name=”花子”]入れ歯が合っていないと全身にも影響があるんですね。
[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”16.png” name=”久我山太郎”]主に入れ歯の噛み合わせが問題になるんだよ。
噛み合わせが悪いと身体の骨格が歪みやすくなり、骨には筋肉も神経も連動しているから偏頭痛や肩こり、腰痛や手足のしびれなどにつながることがある。
   
また、よく噛むと脳によい刺激を与えて脳が活性化するといわれているんだ。
入れ歯の噛み合わせを直して食事ができるようになったら認知症の症状がよくなったという人もいるそうだよ。
[/speech_bubble]
 

解決方法としてはどんな方法がある?

inpura

歯を失った際の治療として以前は入れ歯だけでしたが、現在は人工の歯根を埋め込んで義歯をかぶせるインプラント治療も選べるようになりました。
インプラントは見た目も噛む力も天然の歯とあまり変わらず、食べ物が歯と歯ぐきの間に挟まる心配もありません
   
しかし、インプラント治療は自由診療のため費用が高く、入れ歯の本数が多くなるとかなり高額になります。
また、高血圧や糖尿病などの持病をもつ人はインプラントができないこともあり、さらに重度の歯周病など歯ぐきがしっかりしていない場合は入れ歯を選ぶ方がよいでしょう。
   
[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”2a.png” name=”麗子”]入れ歯も、インプラントもメリット、デメリットをよく知ることが大切ですね。
[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”11.png” name=”久我山太郎”]そうだね。インプラントはメリットも多いが、あごの状態などによっては使えないこともあるからよく検査した上で決める必要がある。
   
また、入れ歯は合わなくなるといろいろなトラブルになってしまうが、自由診療で作る高性能の入れ歯ならこれまでデメリットとされた問題も少なくなっているよ。
[/speech_bubble]

   
 
入れ歯が合わず、噛み合わせの悪い状態で使い続けていると痛みや食べにくさだけでなく、全身にもさまざまな影響を及ぼします
入れ歯が合わないと感じたら早めに歯科医院に行き、噛み合わせなどのチェックを受けるとよいでしょう。
   
もし、調整が可能であれば入れ歯を調整する、あるいは新しい入れ歯を作ることによって噛み合わせをよくし、健康的な毎日を送れるようにしましょう。