Back to top

コンポジットレジン充填

Ceramic

コンポジットレジン充填

コンポジットレジン充填は、保険適用の治療の中でも良く使用される素材です。

このコンポジットレジン充填とは、コンポジットレジンと呼ばれる歯科用プラスチックを詰める方法です。

虫歯治療の際には、良く使われるので、一般的にも広く普及しています。

レジン充填は、基本的には保険適用となりますが、ケースによっては保険外で使用する場合もあります。

美しい完成度を求める場合や、レジンの持ちを考えるような場合には、保険外で治療する場合もあるので、このようなケースでは治療費も高額になります。

composit resin 1 composit resin 2

 

コンポジットレジン充填では、様々なメリットがあります。

この素材の色は、歯の色に似ているので、良く色がなじみます。

またコンポジットレジン充填の場合には、歯を削る量が少なくて済む為、治療期間も短くて済みます。

万が一、再度治療をして治す場合でも、比較的簡単であると言われています。

また体質上、金属アレルギーが心配な人でも、金属を使用していない素材なので、安心して治療に使えます。

何よりも、保険適用の場合には、安価で治療できる点が大きなメリットと言えますが、コンポジットレジン充填にもデメリットがあります。

 

コンポジットレジン充填のデメリットとしては、強度が強くない為、使う個所が制限されてしまう点です。

衝撃が強い場所や、噛み合わせが強い部分に使用すると、欠けたり割れてしまう事があります。

またコンポジットレジン充填の場合には、歯科医師の技術も大きく関係すると言われているので、この点もデメリットとして挙げられます。

更に、時間の経過と共に色が変色してしまい、見た目が悪くなってしまう可能性もあるので、このような可能性を考えた上で他の素材を希望する場合には、歯科医院で相談すると良いでしょう。