Back to top

ジルコニアセラミック

Ceramic

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミックと呼ばれる新しい素材が、歯科治療で利用できるようになりました。

ジルコニアセラミックは、丈夫で固く、割れにくい素材です。

その為、ほとんどの歯に利用する事が可能です。

ジルコニアセラミックは強度が強い為、奥歯やブリッジにも使用する事ができます。

 

またジルコニアの場合には、見た目も綺麗で、美しく仕上がります。

自分の歯に色が似ているので、ジルコニアセラミックは周りの歯にも良く色がなじみます。

治療法によっては、ジルコニアをクラウンとして使用する場合もありますが、ジルコニアセラミックの場合には、土台の金属が透けて見えないように使用する事が可能です。

またジルコニアセラミックの場合、金属を一切使用しません。

その為、金属アレルギーの人でも、アレルギーを心配せずに安心してジルコニアセラミックを利用できます。

このようにジルコニアセラミックには、様々なメリットがありますが、逆にデメリットもあるので注意して検討しましょう。

 

ジルコニアセラミックのデメリットとしては、歯を削る量が比較的多いと言われています。

また天然の自分の歯よりも硬い為、自分の歯を傷めてしまう事があります。

噛み合わせなどによっては、ジルコニアセラミックによって、周囲の歯を傷めてしまう可能性もあります。

ジルコニアは強度がある為、割れるような事は非常に少ないと言われていますが、セラミックで周囲を覆っている場合には、セラミック部分が割れてしまう事もあります。

また将来的には、歯茎が下がってしまう可能性もあり、この点もデメリットと言えます。

更に、ジルコニアセラミックは、保険外のものなので、治療費が高くなってしまうデメリットもあります。

しかしこのようなデメリットを考慮しても、美しい仕上がりになる事は確かです。

興味がある人は歯科医院で説明を受けると良いでしょう。