WEB予約

歯周病について

日本の成人8割が歯周病

歯茎が不健康な状態

歯周病によって、歯を失ってしまう人がたくさんいます。 日本人は、歯周病患者がとても多いと言われ、成人の約8割が歯周病であるとも言われています。

このような統計からもわかるように、日本人は歯を失う人が多い為、歳をとると歯は自然に抜けてしまうものだと誤解している人もいるようです。

本来、健康な歯は突然抜けません。 歯が突然抜けてしまった場合には、単純に年齢のせいではなく、歯周病や虫歯等よって、歯が抜けた可能性が高いと考えられます。

歯を支える骨を溶かす歯周病

歯は、歯を支える骨が土台となっています。 通常は、この土台となる骨がしっかりと歯を支えているので、力強く噛むことができます。しかし歯周病の場合には、歯を支える土台の骨が破壊されてしまいます。 大切な土台となる骨が破壊されるので、歯の根元部分が弱くなり、最終的には歯が抜けてしまいます。

歯周病の進行具合

進行前 進行1 進行2
歯周病の進行前 進行1 歯周病の進行1 進行2 歯周病の進行2

人によって症状の進行具合は異なりますが、初期の段階では、自覚症状が感じられません。 その為、全く自覚しないまま歯周病が悪化して行きます。 このような事から、気づいた時には手遅れのケースが多いと言われています。

一般的に、自覚症状を感じる頃には、既に大切な歯の根元部分の破壊も始まっています。 一度破壊されてしまった骨を再生する事は簡単ではないので、入れ歯等の義歯を使用するようになってしまいます。

歯周病の場合、初期の段階では、歯茎が腫れたり、歯磨きの時に血が出たりするようなことがあります。 この段階で症状に気づき、歯科医院で治療を開始できると理想的です。 しかし、気にしながら放置してしまう人が多いので、このような症状に気づいた時には、1日でも早く歯科医院で診察を受けましょう。

歯周病の説明動画