WEB予約

インプラントの治療症例

インプラントの治療症例

インプラントの症例は多数がインターネット上で公開されています。 インプラントは一人一人の要望にあった手術法や人工歯の素材を利用するので、 審美的な観点に拘った物や症状にあわせたもの等様々な症例があります。

多数の症例を手掛けているクリニックには、 インプラントに関するノウハウがしっかりとあるも言えます。 症例の紹介だけではなく治療費の目安なども併記してあるサイトも多いので、 どのくらいの費用が掛かるのか調べたい時にもお勧めです。

症例を参考に事前チェック

インプラントの症例はインターネットだけではなく、 クリニックでカウンセリング時等にも利用されます。

素材や手術のイメージが沸きやすいので、 症例と一緒に精密検査後に3Dの画像を用いた説明を行うことも多いです。

症例ではインプラントの仕上がりだけではなく、 手術中の様子や治療の経過など様々な物があります。

術前 術後
インプラントの症例 術後 インプラントの症例

インプラントとひとことで言っても、 上顎・下顎の違いだけではなく歯の欠損を補う物や歯の骨の形成を伴う物まで様々です。

またインプラントの治療には半年以上かかかることが多いですが、 手術当日に仮歯を入れることによって、 インプラント治療を行ったことが人に気が付かれない方法もあります。

この場合インプラントが骨と結合するまでの間は仮歯を入れておきます。 忙しくて治療に時間が取れない方でも、 インプラントを選択する方は多数いらっしゃいます。 自分にあった治療法を選ぶためにも様々な症例を参考にしたいですね。

症例:信頼できる医師の証拠

症例の写真を参考にする際には前後だけではなく、 治療後数年経った画像を併せてみることも大切です。 メンテナンスを定期的に受ける必要があるインプラント。

治療後数年たった画像は、 継続して治療を受けることが出来る信頼できる医師の証拠でもあります。

症例① 右上奥歯にインプラント

年齢・性別 40代・男性
主訴 右上7の痛みがあり歯根破折(歯ぐきの中にある根が
割れる)のため抜歯が必要
治療内容 右上7 インプラント
治療費 【合計】572,000円
【内訳】診断料 55,000円、GBR 110,000円、
埋入料 165,000円、
静脈内鎮静法 77,000円、
上部構造(ジルコニアステイン)165,000円
治療期間 7ヶ月
リスク・副作用 インプラント周囲炎 定期的なメンテナンスの必要性。
噛んだ時に強すぎる力が加わるとインプラントの周りの骨にダメージを与えてしまい、
ひどい場合には骨の吸収が進みインプラントが脱落してしまう事がある。
夜間就寝時に装着するナイトガードの継続使用が
望ましい。
一部の持病をお持ちの方場合は病状によってはインプラント治療が出来ないことがある。
治療方針 右上7の奥歯に痛みがあり、マイクロスコープ(顕微鏡)を使用し歯根破折
(歯ぐきの中にある根の部分が割れている)があることを確認した。
写真にてお伝え、欠損補綴(歯を失った部分のの補う方法)のご説明
を行いインプラントにしていくことになった。
特記事項 入れ歯のように金属のバネが見えることがなく、かぶせ物もセラミックで
白くきれいに仕上げることが出来る。自分の歯のように噛むことができる。
担当者所見 最後臼歯の歯根破折は、たまに起こる。本症例においては歯根破折の原因
となった力をコントロールしていく事が重要である。
術前 術後
インプラントの症例 術後 インプラントの症例

症例② 左下奥歯にインプラント

年齢・性別 50代・女性
主訴 左下7 奥歯に痛みがある
治療内容 左下67 インプラント
治療費 【合計】1,155,000円
【内訳】インプラント上部構造ハイブリッドクラウン
440,000円×2、
ガイド 55,000円、GBR 110,000円×2
治療期間 1年間
リスク・副作用 インプラント周囲炎 定期的なメンテナンスの必要性。
噛んだ時に強すぎる力が加わるとインプラントの周りの骨にダメージを与えてしまい、
ひどい場合には骨の吸収が進みインプラントが脱落してしまう事がある。
夜間就寝時に装着するナイトガードの継続使用が
望ましい。
一部の持病をお持ちの方場合は病状によってはインプラント治療が出来ないことがある。
治療方針 もともと初診時から左下6は欠損(歯がない状態)していた患者様。
左下7に痛みがありご本人の希望で抜歯をすることになり、その後は
インプラントになった。
近心傾斜している左下8の親知らずを一緒に抜歯してインプラントを
2本埋入した方が隙間もなくなり綺麗に歯が入る。
術前 術後
インプラントの症例 術後 インプラントの症例

症例③ 左下奥歯にインプラント

年齢・性別 20代・女性
主訴 左下5が欠けてしまい凍みる
治療内容 左下Eの抜歯後インプラント埋入
治療費 【合計】572,000円
【内訳】ガイド 55,000円、静脈内鎮静法 77,000円、
インプラントハイブリッドクラウン 440,000円
治療期間 8ヶ月
リスク・副作用 今後も虫歯や歯周病を進行させないように歯科衛生士による
歯みがき指導を受けていただく。
インプラント周囲炎 3ヶ月から6ヶ月の間に定期検診に
来ていただく。
噛んだ時に強すぎる力が加わるとインプラントの周りの骨に
ダメージを与えてしまいひどい場合には骨の吸収が進み
インプラントが脱落してしまう事がある。
夜間就寝時に装着するナイトガードを継続使用
していただく。
治療方針 ブリッジ、入れ歯、インプラントについてご説明。
特記事項 費用面で問題がある患者様は『デンタルローン』をご選択いただく事が可能。
金利が安く歯科治療費に限定されたローン会社による立替払い制度。
費用が貯まるまで待たずに治療したい、毎月少しずつ無理なく
支払いたい患者様におすすめのお支払い方法。
担当者所見 左側のかみ合わせが低かったので、骨を削除してしっかり左右で
噛むことが出来るようにかみ合わせを作ってからインプラントを埋入した。
術前 術後
インプラントの症例 術後 インプラントの症例