WEB予約

虫歯について

虫歯について

虫歯

「虫歯」は通称で、正式には「う蝕」と言います。(う蝕された歯は「う歯」)。 虫歯とは、口腔内の細菌が飲食物の糖質から乳酸等の酸を作り、その酸が歯を脱灰させて溶かしてしまう病気です。

歯磨きを怠ると、歯の表面にプラーク(歯垢)がこびりつき、やがて歯の歯肉縁に溜まって歯石になると危険信号です。プラークは単なる飲食物の滓ではなく、細菌の巣窟です。 口腔内には多くの細菌が存在します。

虫歯を引き起こす細菌とは?

虫歯

虫歯を引き起こす主な細菌であるストレプトコッカス・ミュータンス菌は、誕生したばかりの赤ちゃんにはありません。 成長過程で、例えば両親からのキスや、スプーンの共有等から赤ちゃんに感染し、いったん感染すると、ミュータンス菌は生涯、口腔内から無くなりません。 だから、赤ちゃんの頃の予防がとても重要になります。

例えば、幼い頃に菌に感染せず、ある程度成長した場合、歯を磨かなくても生涯虫歯にはならないとも言われています。 しかし、感染しても悲観する必要はありません。 しっかりとした虫歯予防を身につければ、虫歯に悩まされることはないのです。

虫歯の予防

虫歯

まずは、歯磨きとプラークコントロールです。 プラークコントロールとは、口腔内のプラークを減らすことです。 もしも虫歯になってしまったら、虫歯は、放置して自然に治ることはありません。治療しないかぎり、進行します。

例えば、痛みが出て、我慢して、翌日、痛みが治まっている場合があります。これは一時的に治まっているだけで、細菌が消滅したわけではありません。 細菌は他の健康な歯へと移動増殖し、さらに酷い結果になる可能性があります。

だから、悪化する前に、かならず歯科医院で診察を受けましょう。 早期発見、早期治療をすれば、治療にかかる時間の節約、治療費の節約にもなります。

虫歯の進行C1の説明動画

虫歯の進行C2の説明動画

虫歯の進行C3の説明動画

虫歯の進行

C0

まだ穴になっていないため、毎日の歯磨きや再石灰化などで十分修復が可能な程度です。

C1
C1

穴が歯の表面のエナメル質部分のみにできた状態です。

痛みはありませんがレジン(歯と同色の樹脂)やシーラント(患部消毒後の溝を埋める処置)などの治療が必要です。

C2
C2

虫歯がエナメル質から象牙質に達した状態です。

痛みはあまりありませんが、冷たいものがしみはじめます。

インレー(患部を削ったあとのかぶせ物)やクラウン(患部を削ったあとの冠状かぶせ物)などのつめ物、かぶせ物の治療が必要となります。

C3
C3

虫歯部分が歯の神経にまで侵食し、激しい痛みを伴います。

インレー、クラウンなどの治療が必要です。

C4
C4

歯の神経が死んでしまい、歯のみならず身体への影響もでてきます。

この状態まで虫歯が進行すると、抜歯などの処置も考えられます。

歯周病

歯周病

以前は歯を失う原因は、第1位が虫歯でしたが、現在は、歯周病が1位です。

これは、軟らかい食べ物が主流となったため食生活が変わったという要因があげられます。歯周病は、あまり痛みがないため、知らず知らずの間に症状が進行します。

成人の80%が歯周病を持っているといわれますが、歯周病は、歯医者での治療はもちろん、患者様自身の予防がもっとも重要です。 ブラッシングの方法を変えるだけで歯周病・虫歯の予防ができます。

健康な歯肉

歯肉が健康な状態である。

生涯を通して健康なお口の中を維持できるように定期的なメンテナンスを続けることをお勧めします。

歯肉炎

歯周炎

汚れがたまりやすい歯と歯ぐきの間や歯と歯の間が炎症を起こしやすい状態になってる歯周病予備軍です。

この状態を続けると歯周病になるのは間違いないと思います。歯医者にて適切な歯ブラシ指導と歯石除去・クリーニングを行い、定期メンテナンスを続けることをお勧めします。

軽度歯周病

軽度歯周病

汚れがたまりやすい歯と歯ぐきの間や、歯と歯の間に歯石がついており、歯周病菌の溜まり場になっている状態です。

歯石は、歯ブラシでとることができません。歯医者にて歯石除去・クリーニングを行い、適切なブラッシング指導を受け、定期的にメンテナンスを続けることをお勧めします。

また、患者様ご自身による日頃からのケアが必要です。

中等度歯周病

中度歯周病

歯周病になり歯を失うかの瀬戸際となります。これ以上進行すると治療が難しくなる場合が非常に多くなり時間・通院回数も増えます。

歯医者にて歯石除去・クリーニングを行い、適切なブラッシング指導を受け、定期的にメンテナンスを続けることをお勧めします。また、患者様ご自身による日頃からのケアを必要とします。

重度歯周病

重度歯周病

治療にあたり歯を失う可能性があります。歯周病がかなり進行しているために骨がかなり減っていることになりますので、将来的に入れ歯(義歯)・インプラントどちらも非常に難しいケースとなります。

しかし、これ以上歯を失わないために適切な治療が必要となります。

これからは、1本でも歯を失わないために歯医者にて適切な治療を行い、ブラッシング指導を受け、定期的にメンテナンスを続けることをお勧めします。

また、患者様ご自身による日頃からのケアに非常に努力を必要とします。