Back to top

審美歯科

メタルボンド

メタルボンドとは

オールセラミック

メタルボンドとは、金属の上に陶材を焼き付けたかぶせ物です。
古くより使用されている材料で強度が非常に優れており、全ての歯の部位に適します。

写真でもわかりますが、金属を使用するために透過性に乏しく、光を当てた際の透明感がオールセラミックに比べるとあまり期待できません。

メタルボンドのメリット

  1. 強度があるために奥の歯にも使用可能です。
  2. 保険の歯に比べて天然歯に近い色を再現できます。
  3. ゴールド系の裏打ちを使用するために、歯肉に金属色が溶けだすといったような影響は少ないです。
  4. 保険の歯のように時間とともに変色しません。
  5. オールセラミックよりも安価です。

メタルボンドのデメリット

  1. 年齢とともに歯肉が下がり、金属のラインが見える場合があります。
  2. 使用する金属の種類によっては、金属アレルギーを起こす可能性があります。
  3. 自費治療なので保険の白い歯よりも価格が高くなります。
  4. オールセラミックのような透過性がありません。
  5. 金属にセラミック(陶器)を貼り付けているので裏側は金属色です。

メタルボンドが適用される症例(オールセラミックとの比較)

審美性に最も優れているオールセラミックより、メタルボンドが適用される点は、一言でいえば強度です。

歯ぎしりやくいしばりをする方や、奥歯で固いものを噛む時、オールセラミッククラウンでは欠けてしまうことがあります。

また、セラミックは固いため、周りの天然歯に負担がかかる場合があります。

オールセラミックは全て陶器で出来ており天然歯のような透明感があるので、固いものを噛みくだかない前歯に大変適しています。

メタルボンドも前歯に適しますが、金属に陶器を焼きつけているため、透明感はどうしても劣ります。

一方、メタルボンドは、費用においてもオールセラミックに比べると安く、強度もありますので、奥歯にも適します。笑った時も歯の裏側は見えにくいですから、裏側の金属色も比較的気になりません。