WEB予約

矯正歯科について

歯ならびのお悩み

歯列矯正

矯正歯科は、歯科の分野の中でも、不正咬合と言われる悪い歯並びや、かみ合わせを治す治療を行います。

歯列矯正によって、見た目がよくなるだけではなく、虫歯や歯周病、歯槽膿漏などの病気の予防にもなります。 また、かみ合わせを治すことにより、食べ物をしっかりとよく噛んで食べることができるようになります。

熾烈矯正の種類について

ブラケット矯正

歯の矯正の方法では、最も一般的なものは、歯の表側に、ブラケットやワイヤーなどの装置を取り付ける方法です。

見えない矯正

ブラケット矯正

最近では、見えない矯正歯科として、歯の裏側に装置をつける裏側矯正や、透明なマウスピースを装着するマウスピース矯正が選ばれることもあります。 見えない矯正歯科は、矯正装置の装着時の見た目の悪さから、歯科矯正を敬遠していた場合にも、検討していただける方法です。

ブライダル矯正

歯列矯正

ブライダル矯正は、結婚式に合わせて見えやすい箇所を優先的に進め、結婚式の間は装置を外し、結婚式後に再び装置を装着する矯正方法です。

部分矯正

歯列矯正

部分矯正は、前歯を中心とした気になる一部分だけを矯正する方法です。矯正期間の短縮と費用の軽減が図れます。

インプラント矯正

歯列矯正

インプラント矯正は、矯正用のインプラントを顎の骨に埋めこんで固定源とし、奥歯の移動をしやすくする矯正方法です。 費用はかかりますが、移動に時間のかかる奥歯の移動が短縮されますので、矯正にかかる期間を、半分程度に縮小することができます。

矯正歯科医の選び方

矯正歯科医の選び方

矯正歯科医によって、通常の矯正歯科治療以外に、得意とする分野があるかどうか異なります。 裏側矯正やマウスピース矯正、インプラント矯正では、矯正歯科の中でも専門的な知識と経験が必要になります。

症例によっては、適応できない可能性もあります。 これらの矯正方法を検討する際には、専門的に治療を行っている矯正歯科医に相談をしましょう。

歯並びの悩み

歯の矯正ワイヤー

出っ歯、受け口、デコボコの歯(乱杭歯)などでお悩みの方がたくさんいらっしゃいます。 自分の歯並びが気になり人前でうまく笑えなかったり、歯磨きがうまくいかず毎日磨いているのに虫歯になってしまうなど、悩みの種類も様々です。

矯正歯科治療の必要性

出っ歯や受け口などといった歯並びの悪さは見た目の美しさが損なわれるだけでなく、 実は身体に様々な悪影響を及ぼす恐ろしい病気なのです。 そのいくつかの例として以下のものが挙げられます。
  • 虫歯になりやすい。
  • 歯周病になりやすい。
  • 発音に影響を起こす場合がある。
  • 食べる時に効率が悪い。
  • 成長期に、悪い歯並びを放置しておくことで、顎の成長が悪い方向にすすんだり、 発育不足をおこすことがある。
  • 悪い歯並びが、劣等感になり、心理的にストレスを与える場合があります。
  • 全身の姿勢のバランスをくずし、頭痛や肩こりなどの原因になることがあります。
などといった悪い連鎖反応をおこさいないためにも歯並びに不安を感じたら、是非一度当院でご相談下さい

矯正歯科治療の流れ

カウンセリング

1.カウンセリング

まずは、どのような症状でお悩みなのかカウンセリングを行います。 実際に治療を始めるとどれくらいの期間がかかるのか、治療費はどうなるのか等のご不明な点もどうぞお気軽にお話下さい。

次に

精密検査

2.精密検査

カウンセリングが終了しましたら、口腔内の状態を観察するためにレントゲンをとります。 歯並びの状態だけではなく、顎の骨の状態もとても大切なのでこちらもしっかりと観察します。

次に

診断

3.診断

精密検査が終わりましたら、今後の治療計画を立てます。 患者様それぞれに適した装置、治療をご提供致します。

次に

虫歯の治療

4.虫歯の治療

実際の矯正歯科治療を始める前に虫歯や歯周病がありましたら、そちらの治療を始めます。 虫歯がある状態で矯正歯科治療を始めてしまうと、虫歯が悪化する恐れがあるからです。 また、必要に応じては抜歯を行う場合もございます。

次に

矯正治療開始

5.矯正治療開始

いよいよ実際に矯正歯科装置を装着します。 装置を装着中は、定期的に通院し口腔内の様子をチェックします。 装着期間は症状などによって変わりますが、およそ2~3年ほどになります。

次に

矯正治療開始

6.保定期間

矯正治療が終了したら、保定期間となります。 装置を装着中は、定期的に通院し口腔内の様子をチェックします。 装着期間は症状などによって変わりますが、およそ2~3年ほどになります。

矯正歯科装置の種類

デーモンシステム デーモンシステムとは矯正装置のワイヤーをブラケットに固定させないため最小限の力によって矯正する治療法です。 治療期間も短く体に優しく治療することが出来ます。半分がセラミックの為、メタルブラケットより審美的にも優れています。
リンガルブラケット(裏側の装置) 他の矯正装置より価格は高くなってしまいますが、表からは装置が見えないため、矯正しているようには見えません。 接客業や芸能関係の方に人気の装置です。
インビザライン(マウスピース矯正) 透明で取り外し可能なプラスチックのマウスピースを、2週間に1度交換することにより徐々に歯を動かしていきます。 ホワイトニングも同時に行うことが可能です。見た目は透明なので他の人には、ほとんど見えません。また、金属アレルギーの方でも問題ありません。
クリアアライナー(マウスピース矯正) インビザラインと同様、透明で取り外し可能な矯正装置です。インビザラインより薄く目立たないのが特徴ですが、毎回その時点の歯型を作成するので、歯型をとるのが苦手な方はインビザラインでの治療の方が楽かと思います。
部分矯正(MTM) 歯にクラウンやブリッジなどを入れる治療の際に歯の位置や角度が悪くて入れられない時に、部分的に矯正することによって適切な歯並びの状態で治療できるようにするための矯正です。
リテーナー(保定装置) リテーナーは矯正装置によって歯や顎の移動が終わった後に、歯を動かさないように固定させる為にするものです。 リテーナーにもいくつか種類があります。

目立たない矯正を希望の方へ

人目が気になる方必見! インビザラインとは、透明なマウスピースを装着し、目立たずに矯正治療を行うことができる矯正装置です。

目立たない歯の矯正マウスピース

インビザラインのメリット

  • 金属のブラケットを使用しないため、粘膜や舌に当たる痛み、それに伴う口内炎がありません。
  • 取り外しが可能で、衛生的です。
  • 食事のときは装置を外すことができるので、矯正装置の装着による不快感が軽減されます。
  • プラスチックの素材を使っているため、金属アレルギーの方でも安心です。
  • 薄く透明な素材なので、お話をするときも目立たないので、しゃべりにくさや、発音障害がありません。 人前に出る機会が多くても、気軽に矯正を始めることができます。

詳しくは矯正専門医にご相談ください。

ご予約はこちら