Back to top

虫歯とプラークコントロール

Caries

虫歯とプラークコントロール

carious plaque control

プラークコントロールとは、口腔内のプラーク(歯垢)を減らす行為全般を意味します。

プラークは歯にこびりついた、単なる飲食物の滓ではなく、細菌の巣窟です。

プラークができて丸1日経過すると虫歯への第一歩となりますから、歯の表面がざらついて、食べ滓も付着していると感じたら、早急に除去する必要があります。

まずは毎日の歯磨き(ブラッシング)です。

それからフロッシングも有効です。

フロッシングとは、デンタルフロス(糸楊枝)または歯間ブラシを使用して、歯と歯の隙間を掃除することです。ブラッシングでは届かないプラークの除去に役立ちます。

でも、プラークが歯の歯肉縁に累積して歯石になると、通常のブラッシングやフロッシングではとれなくなります。

その場合は、歯科医院での定期的なプラークコントロールをお勧めします。

その他、プラークコントロールとしてやれることはまだまだあります。

例えば、規則正しい食生活もプラークコントロールの一つと言えます。

不規則な食生活や、間食を含めて一日の食べる回数が多い場合、プラークが付着しやすくなり、虫歯のリスクは高くなります。

食べ物を口にした後はかならず歯磨きをするなら別ですが、3回の食事の他、オヤツを食べたり、ジュースを飲むたびに歯磨きを徹底するのはなかなか難しいです。

キシリトールも有効です。食後にキシリトールガムを噛むことで、ガムと一緒にプラークを除去する効果があります。

フッ素療法も有効です。例えば、フッ素洗口、フッ素入り歯磨き粉、歯科医院でのフッ素塗布などです。フッ素はプラークが歯に付着するのを妨げる働きがあります。

しっかりとした虫歯予防を身につければ、虫歯に悩まされることはありません。

そのために最も重要なのは、プラークコントロールです。