WEB予約

入れ歯(義歯)のおすすめのお手入れ方法のご紹介

出来れば毎食後に入れ歯を外しお口の中と入れ歯のそれぞれをお手入れしましょう。
入れ歯安定剤
ご自身の歯がある場合は、バネ(クラスプ)をかけている歯は汚れが溜まりやすくなるので丁寧に歯ブラシで磨いてください。
ご自身の歯がない場合は、歯茎に食べかすや歯垢が付着していることがあるので入れ歯を外した際にうがいをしましょう。
入れ歯のお手入れ方法は、まず滑りや食べかすを水で洗い流しましょう。
歯ブラシや義歯ブラシで磨きましょう。
この際歯磨き粉は使用しないことが望ましいです。
歯磨き剤には研磨剤が含まれているものが多くそれによって入れ歯が傷ついて細菌が発生しやすくなり粘膜の炎症や口臭の原因に なることがあります。バネ(クラスプ)の部分を磨く時は軽い力で磨きましょう。よく洗い水をはった容器で保管します。

お手入れを怠ってしまった場合


入れ歯にカンジタ菌が増殖し加齢やストレスで抵抗力が落ちていると口腔カンジタ症から全身に影響することがあります。
カンジタ症とは白い苔のようなものやヒリヒリとした痛み、口角が切れるなど舌や粘膜に異常が見られます。
体の抵抗力が低下している場合は気管支肺、心臓などに感染し重篤な症状をもたらすことがあります。
ご自身の歯がある場合は虫歯や歯周病にもなりやすくなります。

あっていない入れ歯を使い続けてしまうと

その刺激によって歯茎が痩せてしまったり入れ歯が益々合わなくなってしまいますので違和感があれば速やかに受診しましょう。

おすすめお手入れアイテム

義歯ブラシ


2ヶ所に植毛部分がある場合が多くありますが、これは磨くポイントと毛の固さや形が異なるためです。
大きい植毛部分は、毛がふつうの固さで、入れ歯の義歯床や人工歯全体を磨くのに適していますが、小さい植毛部分は毛が固くできており、クラスプ部分や端のボコボコした部分など、入れ歯の細かい複雑な溝などを磨くのに適しています。

ピカ


多くの義歯洗浄剤がある中で、「ピカ」にはカンジダ菌を溶かして消し去る「溶菌」作用があります。
3つの酵素が目に見えない菌に効き、口臭、歯垢、義歯性口内炎の原因(カンジダ菌)を溶菌除去します。
毎日使用しても義歯を傷める心配はありません。
活性酸素の顆粒でお茶やコーヒー、タバコのヤニ等などの目に見える汚れを除去し、義歯特有の臭いも取り除きます。