Back to top

オールオン4とインプラント

all on 4 implant

インプラントの治療法には、通常のインプラント治療とオールオン4があります。

インプラント治療というのは、チタンという素材を使って作られたフィクスチャーといわれるネジのようなものを顎の骨に埋め込み、土台をつくります。

チタンは生体組織によく適合するので、顎の骨としっかり結合する為に、使われている素材です。

上顎と下顎の違いや、個人差もありますが、フィクスチャーが顎の骨と結合し、歯肉と密着して固定するまで1ヶ月半~6か月かかります。

骨と結合し、しっかりとした土台になったら、連結する為のアバットメントを取り付け、人工の歯を装着します。

歯を1本から数本失った場合、(インプラント治療をしない場合には、ブリッジや部分入れ歯によって治療するような症例)には、歯の本数分だけ、インプラントを埋め込む治療法をするのが一般的です。

けれども、歯をすべて失った場合や、歯周病や長期の入れ歯使用などの為に、顎の骨が少なくなっている場合には、オールオン4の治療が向いています。

通常のインプラント治療をする場合には、歯の本数分のインプラントを埋め込む為に、しっかりした顎の骨が必要なので、顎の骨が少ない場合には、補助的に骨量を調整する為の手術が必要になるからです。

また、歯の本数分フィクスチャーを埋め込まなくてはならないので、手術回数も多くなり、身体的な負担や経済的な負担が大きくなってしまいます。

しかし、オールオン4の場合には、片顎に4本のインプラントを埋め込むだけで、片顎に必要な全ての歯を装着できるので、歯槽骨を失っている場合でも、骨の移植をせずに治療を受けることができます。

また、施術回数が1回で済み、施術時間が短縮されるため、身体的な負担も軽減され、高齢で体力に自信がない場合でも治療を受けることができます。