Back to top

オールオン4のメリット

Teen Girl (15-17) Biting into a Green Apple

オールオン4のメリットはたくさんのインプラントを埋め込まなくても済むことです。

その為、歯周病、抜歯、入れ歯の長期間の使用の為に歯槽骨を失っている場合も、骨の移植をせずに治療を受けることができます。

そして、施術回数が1回で済み、施術時間が短縮されるため、身体的な負担も軽減され、高齢で体力に自信がない場合でも治療を受けることができます。

また、骨の状態をCT撮影し、3次元的に検討した上で治療方針を決めるので、治療の失敗がありません。

特にノーベルガイドシステムを使用して治療を行った場合には、1~2時間で治療が終了します。

さらに、CTスキャンデータによって作られたインプラントの埋め入れ位置と角度が反映されたサージカルテンプレートというものを装着しておこなうフラップレス術式で治療すると、小さな穴を開けてインプラントを埋め込むので歯ぐきを切らないで済みます。

その為、痛みや出血が少なく、術後の腫れも軽減します。

本義歯がつくまでには3~6か月かかりますが、インプラントを埋め込んだ日から仮歯を装着するので、手術をした当日から通常の生活ができます。

そして、総入れ歯を使用していた為に、噛むことや発音などに感じていた不便や入れ歯を装着している為におこっていた不快感が解消され、食べ物の味もよくなります。

また、審美性も非常によくなります。

治療完了後も、メンテナンスが必要ですが、数十年に渡り、その歯を使用することができます。

また、通常のインプラント治療の場合は、歯の本数分、手術費用がかかりましたが、オールオン4の場合は、顎全体での費用として計算されるので、費用が抑えられます。