今すぐ電話相談 電話で来院予約

金属アレルギー

みなさんこんにちはー\(^^)/☆☆☆杉並区の久我山駅前歯科です!!

今日は歯科用金属によるアレルギーのお話をさせていただきます。

歯科で治療して、粘膜が痛んだりなにか炎症を起こしたりと異変かあったら歯科用金属のアレルギーを疑ってみましょう。

アレルギーは「接触型」と「全身型」に分類されます。

接触型は時計、指輪、ネックレスなどの金属製装飾品による皮膚炎、いわゆる金属かぶれがあります。
歯肉、頬粘膜などの口腔粘膜にも歯科用金属による粘膜炎や口腔扁平苔癬が発症することがあります。
全身型には皮膚扁平苔癬、掌蹠膿疱症などがあります。

該当者には口腔内にメタルインレーやメタルクラウン(銀歯や銀のかぶせもの)などのパッチテストを行っていただく必要があります。

・銀歯

・かぶせもの

・銀のブリッジ

・金属の土台

・入れ歯の金属

などは金銀パラジウム合金という金属が使われており、金・銀・パラジウム・銅などの金属が混ざったものです。

銀歯を使わない治療も選択していただけます。
金属アレルギーがある方は初診時にお伺いしておりますので、心配な方は最初に相談してくださいね。


SNSでもご購読できます。