WEB予約

親知らずについて

こんにちは!久我山駅前歯科です(*^▽^*)

皆さんは親知らずは
生えていますか?

そもそもなぜこのように呼ばれているのか。
諸説ありますが、生えてくるのが20歳前後のため、平均寿命が40歳前後だった昔の人たちは自分の子供の親知らずが生えてくる前に亡くなってしまうためこの歯を見ることができないからと言われています。

しかし現代人は昔の人に比べ硬いものをあまり食べなくなったため、顎が小さくなり歯自体は存在していても親知らずが生えるスペースがなくなってきたため親知らずが生えてこない人もいます。

親知らずを
抜歯しなくて良いケース

親知らずは適正に生えないことが多いのですが、だからと言って全て抜いてしまったほうがいいとは一概に言えません

例えば上下できちんと生え、かみ合っている場合や、手前の大臼歯を失った場合には親知らずが問題なければ入れ歯やブリッジの支台としても使えます。

親知らずの抜歯を
オススメするケース

反対に親知らずの生え方によって歯磨きをきちんとすることが難しい場合、虫歯になるリスクが高くさらにその手前の健康な歯を巻き添えにしてしまう場合は抜歯をオススメしております。
また親知らずは一番奥にあるため治療器具が届きにくく、虫歯の治療をしても再発する確率は高くなります。そのため虫歯になったら治療せず抜歯をおススメするケースもあります。

親知らずの抜歯は
早いほうがいい?

親知らずは若い時の方が抜いた後の骨の回復が早いと言われています。
また女性の場合は妊娠するとお薬の制限があるため、痛くなっても通常通りの治療が行えない場合があります。リスクの高い親知らずは妊娠前に抜いたほうがいいかもしれません。

親知らずの存在が
少しでも気になる方は
当院へお気軽に
ご連絡ください。