Back to top

ホワイトニングの安全性

Whitening

ホワイトニングの安全性

ホワイトニングを検討されている方のなかには、ホワイトニング剤やレーザー器具への不安があり、なかなか治療に踏み出せないという方も多いのではないでしょうか?

しかし、ホワイトニングは非常に安全性の高いものであると言えます。というのも、ホワイトニングがアメリカで実用化されて以降、20年以上が経過していますが重大な事故の報告はなされていません。

加えて、アメリカでは人口の90%以上の方が、ホワイトニングを経験したことがあるというデータも、ホワイトニングの安全性を裏付けています。

ホワイトニングが安全であるとされる理由としては、ホワイトニング剤の主成分が過酸化水素であるということが挙げられます。

過酸化水素は、食品添加物として食品の中にも含まれており、濃度が一定値以下であれば、人体に悪影響を及ぼすことはほとんどないとされています。

 w

また、オフィスホワイトニングで使用されるホワイトニング剤は、ホームホワイトニング使用するものに比べ濃度が高くなっています。

そのため、刺激を感じやすい歯肉や唇などに直接触れると、やけどのような炎症を起こす可能性がありますが、専門の医師とスタッフが治療を行うため、まずそういった心配は不要です。

一方、ホームホワイトニングとして使用されるホワイトニング剤は、濃度を相当薄めてあるため、誤って飲み込んでしまっても、人体への害はないとされています。

ちなみに、このホームホワイトニング用ホワイトニング剤の安全性に関しては、アメリカの食品医薬品局やアメリカ歯科医師会などが安全であると認めています。

ただし、ホームホワイトニングで気を付けなければいけないことに使用方法の誤りがあります。

医師の指導の元、正しい分量や時間で、ホワイトニングを行わない場合には、知覚過敏などの症状が出る可能性があります。

これは、日本人の歯のエナメル質が、欧米人に比べ薄いことが影響していると言われています。