Back to top

ホワイトニングが及ぼす影響

Whitening

ホワイトニングが及ぼす影響

ホワイトニングの効果は、ホワイトニングの方法、個々人の歯の状態に応じて様々です。

例えば、オフィスホワイトニングであれば、短期間で歯を白くすることが可能なため、治療後すぐに効果が期待できます。

そのため、近いうちに結婚式などイベントが控えているという方には非常に有効な方法であると言えます。

一方で、ホームホワイトニングは、効果を実感できるまでに比較的長い期間が必要となりますが、オフィスホワイトニングよりも長期間、効果が持続するという特徴があります。

なので、長期に渡って白い歯を維持したいという方はホームホワイトニングが効果的です。

また、ホワイトニングの効果が期待できない、行わない方が良い歯の状態もいくつかありますので、注意が必要です。

1つは、歯の神経が死んでしまっているケースです。

神経が死んでしまった歯は、次第に黒くなっていき最終的には真っ黒な状態になります。

この状態の歯にはいくらホワイトニングを施しても効果は現れませんので、死んでしまった神経を削り、被せ物をすることが一般的です。

また、歯周病の治療を行なっている方は、ホワイトニングを行わない方が良いでしょう。

なぜならば、歯周病の歯茎や歯周組織にホワイトニング剤が付着してしまうことで、歯周病を悪化させてしまう場合があるからです。

その他、テトラサイクリンと呼ばれる昭和40年代に流行した抗生物質によって歯が変色してしまっている方は、ホワイトニングで元の状態に戻すことは現時点では不可能であると言われています。

これは、ホワイトニングが歯のエナメル質表面を白くする治療であるのに対し、テトラサイクリンは歯のエナメル質内部を変色させてしまっているためです。

この場合には、やはり神経が死んでいるときと同様、被せ物をすることが一般的です。

このように、ホワイトニングが適さない状態というのも、多くありますので自身の歯にホワイトニングは効果的なのかということも事前に医師などと相談し確認しておくようにしましょう。