Back to top

オフィスホワイトニングの影響

Whitening

オフィスホワイトニングの影響

Woman Receiving Roses

オフィスホワイトニングは、ホームホワイトニングと比較すると即効性が期待できるという特徴があります。

そのため、人前に出なければならない仕事や結婚式、パーティといった催事などを控えていて、すぐに歯を白くしたい!という方にとても重宝されているホワイトニング方法です。

一般的なオフィスホワイトニングの治療手順は以下のようになります。

  1. まず、担当医師に歯の状態を診断してもらい、現状の確認後、ホワイトニングの効果を高めるため、クリーニングを行います。 

    そして、歯にホワイトニング剤を塗る前の準備として、できるだけ歯肉や粘膜を保護するため、特殊な薬剤を塗っていきます。

  2. 次に、歯にホワイトニング剤を塗っていきます。その後、レーザーや熱で色素を分解する専用の器具を使用し、着色を落としていきます。
  3. 最後に、再度クリーニングを行い、知覚に異常が無いかなどを確認し治療完了となります。オフィスホワイトニングは即効性の高い治療のため、この時点で既に相当な効果を実感することができます。

 

オフィスホワイトニングの治療にかかる時間は、個々人の歯の状態や担当する医師の治療方法などにより差がありますが、1時間半から3時間程度で完了するケースが多いようです。

このように、オフィスホワイトニングは治療を受け、すぐに白い歯を手に入れることができます。

しかし、ホームホワイトニングのように長い時間をかけ、色素を分解しているわけではないため、効果の持続期間が短いというデメリットがあります。

一般的に、ホームホワイトニングの持続期間が1年から2年程度であるのに対し、オフィスホワイトニングの持続期間は3ヶ月から6ヶ月程度と半分以下となることが多いようです。