Back to top

ホームホワイトニングの影響

Whitening

ホームホワイトニングの影響

ホームホワイトニングは、自宅で行うことの出来るホワイトニング方法として、近年日本でも注目を浴び始めています。

以下では、そのホームホワイトニングの治療方法とその効果、またどんな人に適しているのかということについて説明していきます。

ホームホワイトニングの治療方法は、歯科医院などで専用のマウスピースを製作し、自身でマウスピースにホワイトニング剤を付け、一日のうち数十分から数時間装着することで、歯を白くしていきます。

そのため、初回、歯科医院にマウスピースを製作するために行くだけで、その後は基本的に自宅で治療を行うことが可能となります。

また、ホームホワイトニングは、効果の実感までにある程度の期間が必要となることがデメリットとして挙げられます。

一般的には、早い方で2週間程度、適切な治療方法でホワイトニングを行うことで効果が実感できるようになると言われています。

これは、オフィスホワイトニングが治療の当日から効果を実感できることに比べると、若干見劣りしてしまうと言わざるを得えません。

 homewhitening effect

その反面、効果の持続に関してはホームホワイトニングは優れています。ホームホワイトニング治療を行った方の多くが1年から2年程度効果が持続すると言われており、一方、オフィスホワイトニング治療の持続期間は、3ヶ月から6ヶ月程度ということが多いようです。

また、これはホワイトニング全般に言えることですが、全ての方の歯に対してホワイトニングが有効というわけではありません。

ホワイトニングが有効に機能する例としては、加齢、食事、喫煙などによる着色などが挙げられます。

一方で、入れ歯などの人工歯、テトラサイクリンと呼ばれる抗生物質による変色には効果が期待できません。

 

このようにホームホワイトニングは、日常生活のなかで着色してしまった歯を長期間、白い状態で維持していきたいと考えている方にとって非常に効果的なホワイトニング方法であると言えます。