Back to top

インプラント

インプラント

上顎右上1番の外傷による歯根ハセツ

ステップ1

ステップ1
歯を脱臼しています。 唇側の骨が吸収しないうちにインプラントのオペを行うことを説明し、早めに施術することになりました。

ステップ2

ステップ2
抜歯をし、インプラントを埋入します。

ステップ3

ステップ3
術後、3ヶ月後の状態です。歯肉の状態も良好で、仮歯とは気付かないのではないでしょうか?

ステップ4

ステップ4
インプラントを埋入した周りの部分に、人工骨を足していきます。

ステップ5

ステップ5
抜歯した歯を歯冠部のみを残してきれいに削ります。インプラント部に負荷がかからないようにし、適度に圧迫する程度で両隣の歯に接着します。見た目も歯肉の状態も問題はないと思います。

ステップ6

ステップ6
最終的な被せ物をセットした状態です。少し歯肉の周りに出血が見られますが、ほぼ問題はないと思われます。

上顎左1番歯根ハセツ

ステップ1

ステップ1
歯根がハセツしているので、抜歯をすることになりました。歯根の周りに黒い透過像が見られるため、抜歯後即埋入はせず、骨がある程度回復した後、インプラント埋入する事にしました。

ステップ2

ステップ2
ノーベルバイオケアのリプレイスを用い、4.3mm×13mmのインプラントを埋入しました。写真は、アバットメントをセットする前のヒーリングキャップが装着されている状態です。

ステップ3

ステップ3
歯根がハセツしているので、抜歯をすることになりました。歯根の周りに黒い透過像が見られるため、抜歯後即埋入はせず、骨がある程度回復した後、インプラント埋入する事にしました。

ステップ2

ステップ8
ノーベルバイオケアのリプレイスを用い、4.3mm×13mmのインプラントを埋入しました。写真は、アバットメントをセットする前のヒーリングキャップが装着されている状態です。