Back to top

歯周病の予防

Breath

歯周病の予防

歯周病は、歯垢が原因と言われています。

歯に残った歯垢が細菌を繁殖させ、歯の根元部分に炎症を起こし、更に歯を支える骨まで溶かしていきます。

 

歯周病予防には、歯に歯垢を残さない事が一番大切です。

最近では、プラークコントロールという言葉で表現されたりしますが、歯垢を残さないように日常的にケアする習慣が最も重要です。

 

歯に歯垢が残ると口の中が不衛生になり、細菌が繁殖してしまいます。

この細菌が歯の根元部分で繁殖すると、歯茎に炎症を起こし、腫れるような日が続きます。

このような状態が続くと、腫れた歯茎から血が出るようになります。

この段階では、あまり痛みがないので放置しがちですが、このような判断が手遅れになる最大の原因です。

このような症状では歯肉炎と呼ばれたりもしますが、歯茎から血が出るようになると、歯みがきの際、歯ブラシの先が当たらないように控えがちになります。

このような心理的な反応や行動が、更に悪循環となります。

歯磨きの際、血が出ないように歯の根元部分を避けたり、磨かないように控えていると、更に細菌が繁殖します。

このような状態が慢性化すると、歯茎の炎症が更にひどくなり、その部分に歯周ポケットと呼ばれる空間ができます。

歯周ポケットの部分に更に歯垢がたまり、歯周病菌が増殖を繰り返し、最終的には歯を支える骨まで溶かして行きます。

 

このように、歯垢の磨き残しから細菌の繁殖が始まるので、歯周病予防には、歯垢を防ぐことが一番重要です。

また歯茎が腫れて歯磨きが上手にできないような状態の時には、放置したり我慢をせずに、早めに歯科医院へ行きましょう。

歯周病の悪化を防ぐ為にも、異変を感じた時には早期治療を始めることが重要です。