Back to top

Breath

歯周病の動画

歯周病は、歯垢が細菌を繁殖させ、この細菌が歯周病菌として歯の周りに影響を与えます。

歯周病菌は、歯茎に炎症を起こします。

この段階では、歯茎の腫れや出血が見られるようになります。

このような初期の段階で治療を始められると理想的ですが、大抵は放置してしまいます。

歯周病は、静かに進行して行く特徴があります。

特に自覚症状がないまま、悪化して行くので、多くの人が手遅れになってしまいます。

 

歯茎が腫れていると気づいた日から早期治療が始められると理想的ですが、現実的には難しく、多くの人が経過観察をしながら過ごしてしまいます。

口の中の様子は、見せ合うような習慣がないので、自己判断に頼りがちです。

また通常は、他人の口の中の様子と見比べるような機会もないので、経過観察をしながら時間ばかり過ぎ、症状を放置する時間が長くなって手遅れとなります。

今は、通信機器の発達から、動画を参考に症状が確認できるようになりました。

日本人は、歯科医院へ行くまでの経過観察の時間が長く、手遅れになってしまうケースが多く見られます。

このような手遅れを防ぐ為にも、歯周病の動画を参考にすると良いでしょう。

普段の生活の中では、通常口の中を人と見比べたりできないので、とても参考になります。

また歯周病の動画を参考にすると、自分がどの段階の症状なのか気づくことも可能です。

また何よりも、歯周病を軽く考えている人に対し、正しい認識が生まれる機会となります。

一般の日常生活においては、歯周病の末期症状を見る機会がないので、症状を放置して悪化させると最後には歯がどのような事になってしまうのか、正しく理解できる大きなメリットもあります。

気になる症状が見られた時には、このような動画も上手に利用しながら参考にすると良いでしょう。