Back to top

歯周病のご相談

Breath

歯周病のご相談

perio consultation kugayama-dental.com

歯周病の場合、早期発見と早期治療が重要です。

歯周病は、初期の段階では自覚症状がない為、そのまま症状が進行してしまいます。

日本の場合、35歳以上の成人では、約8割が歯周病であるとも言われています。

これは日本に限られた事ではなく、歯周病患者は世界的にも多く、世界で最も多い感染症とも言われています。

 

近年、ようやく日本でも、歯に対する関心や予防知識が高まってきました。

一昔前までは、歳をとると歯は自然に抜けてしまうものだと考えている人も多く、中には現在でもそのように考え、歯周病の症状を放置してしまう人がいます。

通常、問題のない歯は、突然抜けるような事はありません。

歯が突然抜けた時には、単なる年齢のせいではなく、歯周病によって歯が抜けた可能性が高いと考え、早めに相談して早期治療を始める事が大切です。

 

歯周病の場合は、症状が進んで悪化すると、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

このような場合、歯が抜けると悪い部分が無くなったと勘違いしてしまう人もいるようです。

悪い歯が抜けて問題がなくなったと勘違いしたまま、更に症状を放置して悪化させてしまう人もいるようです。

しかし歯周病は、目から見える表面的な部分が問題になっている訳ではありません。

むしろ見えない歯の根元部分や、歯茎の内部が病気になっています。

その為、歯が抜け落ちても歯周病が治ったことにはならないので、誤解しないように注意が必要です。

歯周病治療には、正しい知識と判断が、早期発見と治療につながります。

口の中で異変を感じた時には、早めに歯科医院で相談し、歯科医師による正しい診断に従って、必要な治療を早期に始めましょう。