Back to top

乳歯(小児歯科)の生え変わり

Pedodontics

小児歯科 生え変わり

6歳頃になると、乳歯の一番奥に永久歯が生えてきます。

この永久歯を『6歳臼歯』といいます。この歯が上下左右4本そろうと、前歯の生え変わりがはじまります。

その後、どんどん乳歯から永久歯への生え変わりが進み、だいたい小学校高学年頃には落ち着いてきます。

その頃、『12歳臼歯』といわれる奥歯が、歯列の一番奥に生え、永久歯列は完成します。

生え変わりの時期には、かなりの個人差がありますので、周りの子に比べて、半年程度遅くとも、全く問題はありません。

しかし、まれに、歯の本数がもともと少ない場合があります。

心配な場合は、歯科医院を受診して、レントゲンを撮ってもらいましょう。

レントゲン写真で、まだ歯ぐきの中にある永久歯の様子を確認することができます。

Sisters Brushing Teeth

永久歯が生え始めたら、虫歯に注意をしましょう。

永久歯は、一生使う歯ですので、もう生え変わることはありません。虫歯を未然に防ぐことが大切なのです。

特に生えたばかりの永久歯は、とても虫歯になりやすいです。歯の表面の質がまだ未成熟なので、虫歯に対する抵抗力が、とても弱いのです。

また永久歯に生え変わる時期は、乳歯と永久歯がお口の中で混在しており、磨き残しが多い時期になります。

まだまだ小学校の低学年までは、本人の歯みがきだけでは不十分です。保護者が点検みがきをするようにしましょう。

乳歯から永久歯への交換時期は、永久歯の歯並びをつくる大切な時期でもあります。

乳歯が抜ける前に横から永久歯が生えてきてしまったり、永久歯が曲がって生えてきてしまった場合には、歯科医院で診てもらいましょう。

そのまま放っておいても影響が無い場合も多いですが、早めの処置で、きれいな永久歯列をつくれる場合もあります。