Back to top

小児歯科について

Pedodontics

小児歯科について

b

子どものときに、多くのお子さんが1度はお世話になる小児歯科。では、小児歯科と一般の歯科の違いはなんでしょうか。

小児歯科とは、一般に成人するまでの患者を担当する歯科のことです。

おおよそ、乳歯が生えてから、永久歯に生え変わる13〜14歳までの歯科のことを指します。

小児歯科では、ただ子どもの歯の虫歯を治すことが目的ではありません。虫歯予防し、最終的には虫歯の無い永久歯が、正しい位置に並び、健康なお口の状態に育てることを目的としています。

乳歯は虫歯になりやすく、虫歯の進行がとても早くなります。虫歯を早めに発見し、早めに治療をすることが大切です。

ですから、虫歯の疑いがある場合には、早めに小児歯科を受診しましょう。

そして治療後も、虫歯をつくらないように、また虫歯を増やさないように、定期的にお口の中をチェックしてもらいましょう。

乳歯から、永久歯に生え変わる期間も、虫歯に注意が必要です。

この期間は正しい永久歯の歯並びをつくるためにも、大切な期間になります。

虫歯をつくらないように、定期的に小児歯科を受診することをおすすめします。

小児歯科は、お口の中の状態だけでなく、子どものこころの成長に合わせた治療や虫歯予防を行うところでもあります。

特に小学校にあがる前のお子さんは、処置を嫌がることも多く、虫歯の場合は治療がなかなか進まないことがあります。

そんな時に、子どもの理解を得ながら、恐怖心を植え付けないよう、治療をしていくところでもあります。

子どもは想像以上に、周りをみていますから、大人の側から、緊張感や恐怖感を伝えないようにすることも大切ですね。

子どもが小児歯科に楽しく通院できるポイントがあります。

まず、「怖いところ」だとは、言わないようにしましょう。

歯医者さんは、痛くならないようにしてくれるところです。歯医者さんは怖いところだと言ってしまうと、子どもはずっと先入観をもってしまい、診療が難しくなることがあります。

次に、診療が終わったら、必ずたっぷり褒めてあげましょう。子どもは、自信を持ち、次も頑張れるようになります。

虫歯になってから歯医者さんに行くのではなく、子どもの歯の健やかな成長のために、小児歯科を利用していきましょう。