Back to top

出っ歯の小児矯正歯科治療

Pediatric orthodontic

出っ歯の小児矯正歯科治療

Hungry Boy at the Table

近年、日本人の顎の細くなってきていると言われています。

顎の大きさに対し、歯がきれいに並び切らない状態を不正咬合と言います。

この場合、噛み合わせが悪くなり、顎に負担をかけます。

一般的に、上の歯が前へ突き出しているような形を出っ歯と言います。

また上の歯と下の歯が上下逆の噛み合わせになっている形を受け口と言います。

顎は年齢と共に成長していくので、悪い噛み合わせによっては顎が曲がって成長してしまうこともあります。

このような場合には、小児矯正で治療して行きます。

特に受け口の場合は、噛み合わせが悪いだけでなく、はっきりとした発音ができない場合もあります。

噛む力も弱く、噛み合わせによっては顎が痛むこともあります。

小児矯正では、このような顎と歯のバランスを調整しながら正しい歯並びに矯正していくことができます。

乳歯から永久歯に生え変わる際、ある程度、永久歯の歯並びが予想できる時があります。

将来、歯並びが悪くなりそうな場合や、顎の成長にマイナスの影響が予想される場合には、小児矯正で治して行きます。

受け口の場合には、顔の輪郭まで変わってしまう事があるので、心配な場合には、早めに相談される事をお勧めします。

顎の大きさに問題があったり、顎の上下の位置関係に異常がある場合には、ひどい噛み合わせのまま顎が成長してしまう可能性があるので注意が必要です。

小児矯正では、歯と顎のバランスによってはヘッドギアのような大きな矯正装置を付ける時もあるので、このような場合には子どもの心理的負担が生じます。

口の中の矯正装置についても、歯磨きの際に汚れが残りやすく、虫歯になりやすいというデメリットもあります。

このような点も考慮した上で、成長に合わせて小児矯正を検討されると良いと思います。