Back to top

見えない矯正歯科

Orthodotics

見えない矯正歯科

 C

歯の矯正というと、口にワイヤーを取り付けるイメージがあり、矯正治療期間中の見た目の問題から敬遠される方もいらっしゃるかと思います。

あるいは、矯正装置をつけていることについて周囲の人に聞かれ、煩わしさを感じることもあるかもしれません。

しかし、歯の矯正治療は、歯の表側にワイヤーをつけるような目立つ方法だけではなく、他人には気づかれにくい、見えにくい方法で、歯の矯正治療を行うこともできます。

見えない矯正歯科には、主に二通りの矯正方法があります。

裏側から矯正行う方法とマウスピースを用いる方法です。

歯の裏側から矯正を行う裏側矯正は、歯の裏側に矯正のためのワイヤーやブラケットなどの装置を取り付ける方法です。

舌側矯正、リンガル矯正とも言われます。装置を歯の裏側につけることで、表側に装着した場合と比べて、見えにくくなります。

ブラケットも小さなものが使われています。表側からの矯正を行える症例では、ほとんど裏からでも対応することができます。

マウスピースを用いるマウスピース矯正は、ワイヤーやブラケットなどの装置を歯に装着せずに、透明のマウスピースを用いて矯正を行う方法です。

定期的にマウスピースを交換することで、歯列を移動させます。

ほとんど、周囲に気付かれることなく矯正を行うことができます。取り外し式ですので、食事中などは取り外すことができます。

しかし、マウスピース矯正は、対応できる症例が限られていますので、ワイヤー矯正と併用されることもあります。

 

見えない矯正歯科は、矯正歯科の中でも専門的な知識と経験を必要とします。

見えない矯正を検討される方は、裏側矯正やマウスピース矯正の専門の矯正歯科医に相談をしましょう。