Back to top

裏側矯正

Orthodotics

裏側矯正

backside orthodontics

他人に歯の矯正をしていることをあまり知られたくない場合や、職業によって、歯の矯正を行うことに見た目上の支障が伴う場合には、見えない矯正歯科を検討します。

見えない矯正歯科の方法の一つに、裏側矯正があります。裏側矯正とは、通常は表側に装着するワイヤーやブラケットなどの装置を歯の裏側に装着する方法です。

歯の裏側に装着し、小さめのブラケットを使用することで、見えにくくなります。

歯の表側には、何もついていない状態ですので、大きく口を開けて笑うなど、口を大きく開けることがなければ、ほとんど気付かれることはありません。

舌側矯正、リンガル矯正とも呼ばれている方法です。表側矯正で治せる症例では、裏側矯正でもほとんどのケースで対応できます。

見た目の問題だけではなく、出っ歯などで、前歯の位置を後ろに下げたい場合には、裏側矯正の方が歯列を移動させやすくなります。

また、舌で前歯を押してしまう癖のある場合には、矯正器具が裏側にあることで、抑止効果があります。

ただし、裏側矯正は、歯型などを基に一人一人に合わせた装置を作り、取り付けにも時間がかかりますので、表側矯正に比べて費用かかります。

上の歯は、裏側矯正を行い、見えにくい舌の歯は表側矯正を行うことで、コストダウンを図る方法もあります。

裏側矯正には、専門の知識と経験、技術が必要です。

裏側矯正は、表側矯正に比べて歯のコントロールが難しい矯正方法です。

また、裏側矯正の技術は日々進化していますので、先進性も求められる分野です。

裏側矯正についての技術がない矯正歯科医院では、裏側矯正を断られ、表側からの矯正を勧められることもあります。

裏側矯正を考える場合には、裏側矯正を熟知した専門医を受診しましょう。