Back to top

インプラント治療の成功率

小児歯科

インプラント治療の成功率

Close up of couple smiling

インプラントの成功率は、一般的に2回法の方が高いと知られています。

これは2回手術を行う2回法だと、歯肉を切開した後に縫合を行うので感染のリスクが減るからです。

1回法では手術後仮歯をすぐに装着することが出来るので、審美的な観点を気にする方や治療を秘密にしたい方に人気があります。

 

インプラントの成功率を経過年数で診てみると、上顎よりも下顎の方が成功率が高いとされています。

上顎で約80%下顎で約90%の成功率です。

成功率の高さを謳っているクリニックもありますが、経過年数や条件によって成功率をあげることは可能です。

意図的に操作された数値を無暗に信じるのは辞めましょう。

 

インプラントの成功率を左右するのは、医師の腕や口腔内の状態だけではありません。

経験が豊富な医師の方が勿論成功率は高いですが、患者さんのセルフケアや習慣によって成功率が下がってしまう場合もあります。

 

例えば喫煙によって血流が阻害されてしまうと、歯周病にかかりやすくなってしまうため成功率も下がってしまいます。

歯周病によって歯茎が後退してしまうと、インプラントの治療を行うことが出来ない場合もあります。

その為インプラントの治療を希望する方には、禁煙や減煙の指導を行うことが原則になっています。

 

インプラントの成功率に拘りたいのであれば、インプラント治療後のメンテナンスをしっかりと受け、正しいブラッシングできちんと歯を磨くことです。

経年によって成功率が下がってしまうのは、メンテナンスが疎かになってしまうことのあらわれでもあります。

 

また成功率を比較する時には、自分の症例とよく似た成功率を目安にしましょう。

インプラントと一口で言っても症例は様々です。