Back to top

インプラント治療の流れ

小児歯科

インプラント治療の流れ

インプラントの流れは、まずカウンセリングで治療方針を決めるところから始まります。

レントゲン検査を行ってそれを参考にしながら、費用や治療期間などの細かい計画をたてます。

複数の歯の治療の場合には治療が一度で済まないことも多く、また歯の材質や手術によって治療費には大きな幅があります。

カウンセリングを複数のクリニックで受ける患者さんも多いです。

納得いく治療を受ける為にも、カウンセリングの段階で不安に思ったことは解消しておきましょう。

  カウンセリングで治療方針が決まったら精密検査を行います。

3Dの画像を医療して手術のシュミレーションを行っているクリニックもあります。

仕上がりがイメージしやすいので嬉しいですね。

 

そして埋め込み。インプラントを埋め込むための手術を行います。

手術は2回に渡ることが多く、治療する歯の数によっても回数が変わります。

1回法と呼ばれる1度の手術だと成功率が多少落ちると言われています。

埋入手術を行った後二次手術の前に「安静期間」として、数カ月の「治癒期間」と呼ばれるお休みを取ります。

これによってインプラントと歯は強く結合するのです。

その後二次手術では支柱の装着を行います。

人工歯の作成では型取りやかぶせる歯の装着を行います。

最初は仮づけにして色味や形状、噛み心地などの細かいチェックを行います。

チェック後に初めてインプラントに人工歯の装着となります。

 

インプラントは装着してしまえばお終いではありません。

メンテナンスとアフターケアを怠らないことが大切です。

セルフケアは勿論ですが、定期的に健診を受けることも必要です。

歯茎の炎症だけではなくブラッシングが出来ているか等、細かい部分のチェックを行うことでトラブルを未然に防ぐことが出来ます。

定期的に継続した通院をすることで、インプラントだけではなく他の口腔内トラブルを早期発見することが可能です。