Back to top

インプラントのデメリット

小児歯科

インプラントのデメリット

Sad Teenage Girl

インプラントのデメリットでまず浮かぶのは、手術や費用の事ではないでしょうか。

切開を伴う手術は負担も大きいですし、費用も保険適用外で安い物ではありません。

その他にも例えば2回手術を行う2回法だと、

インプラント治療を受けていることが判ってしまうことではないでしょうか。

手術をして歯肉を切開しインプラントを埋め込んで、

そして縫合をして骨と結合するまで半年前後掛ります。

その間仮歯を被せることが出来ないので、歯がない状態になってしまうのです。

またメンテナンスをしっかりと受けなくてはいけないことも、

デメリットの1つとしてあげる方が多いです。

定期的な歯科健診のついでと思えば気が楽ではありますが、

年に1~4回の通院が必要ですし、勿論メンテナンス費用も掛かります。

 

そして審美的に優れていると言われるインプラントですが、

歯周病がすすんでしまって歯茎が下がってしまった場合には見た目の回復が困難なことも。

骨の量が少ないとインプラントの治療を受けられないこともあります。

綺麗に治したいのであれば早めに治療を受けることが大切です。

 

インプラントは治療期間が長いことでも知られています。

最短でも2ヶ月以上という長期間に渡っての治療を受ける必要があり、

本数や状態にもよりますが長い方では1年以上も治療期間が掛る場合もあります。

一本30万円~40万円以上とも言われる費用面と併せて、

治療期間の長さを負担に感じる方も沢山いらっしゃいます。

 

勿論インプラントにはメリットも沢山あります。

デメリットをきちんと調べておくことで、納得して治療を受けることが出来ます。

自分の歯の状態をきちんと知ることで、自分にあった最善の治療法を選びましょう。