Back to top

根の治療(根管治療)の期間

Endodontics

根の治療(根管治療)の期間

Root foundation term

歯根の治療は歯髄か以前の根管治療で詰めたものを取り除いて、根管を洗浄消毒し、根管充填、支台築造を行い、クラウンをかぶせるという流れで行います。

根管内が無菌になるまで消毒を行い、根の炎症が治まってから根管を埋めるので、治療が短期間で終わることもあれば長期間になることもあります。

歯髄に細菌が感染しているので、炎症が起こりやすい状態です。

細菌感染の程度と炎症の治り方によって、どの処置を何回行うかが違います。

初回の根管治療は、以前に根管治療を受けた歯が再度炎症を起こしたときの根管治療より短い期間で終わるようです。

初回の根管治療では、歯髄とその周りの象牙質を取り除いてから根管貼薬をせずに、根管充填をすることがあり、最短1回で治療が終わります。

多くの場合、根管の中にあるものを取り除いてから、水酸化カルシウムなどの薬を根管に入れて仮の封をする根管貼薬処置を行います。

1回の根管貼薬で水酸化カルシウムを入れておく期間は、1~2週間程度です。

根管貼薬は1度だけのこともあれば、仮の封を開けてもう一度根管貼薬をすることもあります。

根管貼薬を何回も繰り返して数ヶ月続けることもあり、根管充填ができるかどうか歯根の様子を見ます。

また根管はリーマーやファイルという錐のような形の器具できれにしていきますが、このとき根管内で、リーマーが折れてしまうことがあります。

そうなると根尖部にリーマーの折れた部分を画像で確認して、除去します。

歯根の先に炎症が起こる根尖性歯周炎になると、治療期間が長くなります。根尖性歯周炎は歯根膜に炎症が起こる歯肉膜炎になったり、歯の骨に影響が出たりする状態です。

熱が出るなど全身に影響が出ることや、抜歯しなければならないこともあります。

根尖性歯周炎になったらその炎症をしずめる治療をし、歯根の先に膿がたまっていれば膿を取り除きます。