Back to top

根の治療(根管治療)について

Endodontics

根の治療(根管治療)について

歯の中心部にある組織を歯髄といい、歯髄には神経や血管があります。歯茎に埋まっている歯の部分を歯根といい、歯根の中央にあり歯髄が入っている管が根管です。

細菌感染によって歯髄が炎症を起こすことを歯髄炎といい、歯髄が壊死しているときなど、歯髄を取り除かなければならない場合があります。

歯髄を取り除くことを抜髄といい、これが世間一般で神経を抜くと呼ばれる治療です。

これにより歯髄がある生活歯から、歯髄を取った失活歯になります。

失活歯になるとその歯の知覚がほとんどなくなり、歯がもろくなったり歯の色が黒っぽくなったりします。

歯根治療の前半は、歯髄や感染した象牙質を、錐のような形の器具で削り取り、その後根管充填を行うという流れです。

根管充填の前に根管貼薬をすることが多く、これは根管に水酸化カルシウムなどの薬を入れてから、仮の封をする処置です。

根管を清掃し殺菌消毒してから、根管の奥の細い部分をゴムで埋め、これを根管充填といいます。

about Root foundation1 about Root foundation2 about Root foundation3

歯根治療の後半は、根管に金属やレジンの土台を立てて、その  上にクラウンというかぶせ物をします。

クラウンを乗せる土台を作ることを支台築造といい、その後土台の形を整えます。クラウンをかぶせた歯を、世間一般で差し歯と呼ぶことがあります。

自分の歯が多く残っていれば、クラウンではなく、詰め物のインレーを入れることもあります。

このようにして削る前の歯と同じ形になるように作っていきます。

既に歯髄がない歯の根管が感染を起こしたときは、根管に充填してあるものを取り除き、根管を洗浄消毒してから根管充填と支台築造をして、クラウンを乗せます。

歯根の先まで感染が進むことがあり、これを根尖性歯周炎といいます。

根尖性歯周炎は歯根膜に炎症が起こる歯肉膜炎になったり、歯の骨に影響が出たりする状態です。

根尖性歯周炎になると症状によって抗生物質などの薬が処方され、歯根の先に膿がたまっていれば膿を取り除きます。