Back to top

テレスコープ入れ歯(部分入れ歯)

Denture new

テレスコープ入れ歯(部分入れ歯)

自分の歯が、歯周病等によって根元部分から駄目になってしまうと、義歯で補う必要があります。

義歯の場合は、まず部分入れ歯から利用する人が多く、そのうち徐々に駄目になる歯が増えるにつれ、総入れ歯へ変更して行く傾向が見られます。

初めて部分入れ歯を利用する際は、それまでの自分の歯とは感覚が異なる為、大きな違和感を感じる人がいます。

しかし、義歯を利用しないまま生活を続けると、残っている他の歯にも負担がかかったり、噛み合わせがずれる事もあるので注意が必要です。

保険の部分入れ歯では、見た目が気になるという人も多く見られるので、そのような場合には、保険外の部分入れ歯も検討すると良いでしょう。

また見た目に限らず、使い心地も大きなポイントになるので、自分に合った入れ歯を上手に選べると使い心地の問題も解消される可能性があります。

 

保険外の部分入れ歯では、テレスコープ入れ歯があります。

これは保険の部分入れ歯のように、引っかける為の金具を利用しません。

金具の部分は、スクラプと呼ばれますが、この金具を利用しない事によって、見た目を気にせずに利用できるメリットがあります。

またこのテレスコープ入れ歯は、二重構造でできた冠を使用し、はめこみ式にした入れ歯なので、噛み心地が良いというメリットもあります。

スクラプと呼ばれる金具のバネを使用しない事によって、土台となる歯の負担が少なく、周囲の歯の負担を軽くできるメリットもあります。

また上手にメンテナンスをすれば、長持ちする点もメリットとして挙げられます。

しかし、製作には高度な技術が必要とされており、インプラントの普及により症例数は減少傾向にあります。

また、支台となる歯を削ることもあるので、この点はデメリットとも言えます。

しかしインプラントとは異なり、手術の必要がなく、その部分を利点と考える人には一定の需要があります。