Back to top

コーヌス(義歯)部分入れ歯

Denture new

コーヌス(義歯)部分入れ歯

歯を失うと、部分入れ歯を使用して、自分の歯の代わりに代用するようになります。

一般的には、保険の部分入れ歯が使用されていますが、見た目が気になるという人もたくさん見られます。

保険の部分入れ歯では、銀色の金具を利用して周囲の歯に固定します。

この装着する為の金具が銀色なので、色が目立ってしまいます。

部分入れ歯を装着している事が金具の色によって気づかれてしまう事もあり、見た目を気にして部分入れ歯を嫌がる人もいます。

 

しかし、歯を失ったままでは、ものが噛めないので、義歯で代用しなければなりません。

また歯が無い状態のまま放置していると、全体的な噛み合わせもずれてしまう事があるので注意が必要です。

保険の部分入れ歯の場合には、見た目が気になるという人が多いので、少し高くなってしまいますが、他の義歯を選択することも可能です。

 

コーヌス入れ歯は、保険外で作る入れ歯になります。

保険外で作ると、保険の部分入れ歯よりも値段が高くなってしまいますが、見た目が目立たないというメリットがあります。

このコーヌス入れ歯は、かぶせるタイプの部分入れ歯です。

かぶせるタイプの部分入れ歯というと、今はあまり見ないので、一般的には想像できないと思いますが、歯に金属冠をかぶせて使用します。

自分の歯に金属冠をかぶせ、その部分が固定する軸となって義歯を装着します。

金属冠をかぶせたら、その金属冠にはめこむように上から指して入れ歯を装着します。

このように金属冠を使用する場合には、部分入れ歯用の引っかける金具部分が必要ありません。

しかしコーヌス入れ歯の場合は、見た目も目立たずに機能的にも優れていると言われているのですが、技術的には難しく、現在では行っている歯科医院は少ないと言われています。

特別に希望があれば歯科医院で相談されると良いでしょう。