Back to top

総入れ歯の相談

Denture new

総入れ歯の相談

欧米に比べ、まだ日本では、歯に対する意識や関心が低いと言われています。

欧米では、若い頃から歯を大切にします。

若いうちに歯科矯正を済ませておく事も、欧米では一般的なことです。

これは、歯の状態が、身体の健康と深い関わりがある事を理解しているからです。

人間の歯が、身体や寿命にも関係している事を理解した上で、早い段階で綺麗な歯並びに治します。

綺麗な歯並びに整える事によって、磨き残しを防ぎ、より健康な身体を維持できるように努めているのです。

 

しかし日本では、中年になって歯周病で歯を失う人がとても多く見られます。

最近では、日本でも虫歯予防や、歯周病予防に努める習慣が定着しつつありますが、欧米などに比べれば、知識や習慣において、まだまだ定着不足であると言えます。

現代の平均的な中年世代では、歯が揺れ始めてから気にする人がたくさんいます。

まだ歯周病予防が徹底していない為、歯が1本抜けてから歯科医院へ慌てて行く人も少なくありません。

 

このような場合には、すぐに部分入れ歯の装着が必要になってしまいます。

保険の部分入れ歯では、銀色のクラスプと呼ばれる金具を利用して周囲の歯に固定して装着します。

この保険適用でつくる部分入れ歯は、少し慣れるまでに違和感がある為、嫌がる人もいるのですが、そのような場合には相談してみましょう。

相談せずに独断で部分入れ歯の使用をやめてしまう人がいますが、残っている健康な歯にとって良くありません。

1度作った部分入れ歯に関しても、痛みを感じる場合には、我慢したり遠慮せずに相談するようにしましょう。

歳を重ねるごとに歯茎も痩せおとり、自然に部分入れ歯も合わなくなってしまう傾向があります。

このような時にも、不具合を感じたらできる限り早くに歯科医院へ行き、相談するようにしましょう。