Back to top

総入れ歯のアタッチメント義歯

Denture new

総入れ歯のアタッチメント義歯

健康な歯を失ってしまうと、義歯の装着が必要になってきます。

義歯には色々なタイプのものがあります。

一般的な義歯は、保険の部分入れ歯です。

しかし保険の部分入れ歯を使用する場合には、周囲の歯に金具を引っかけて利用するので、見た目が悪くなってしまうデメリットがあります。

 

このような保険の部分入れ歯の問題に対し、個人の要望に応じてアタッチメント義歯が選べるようになりました。

アタッチメント義歯には、色々なタイプがあります。

どのようなアタッチメント装置を利用するかによって金額も様々です。

金額の差はありますが、保険の部分入れ歯の見た目が気になる人には、選択の一つとして検討する価値はあると思います。

一番多く使用されているアタッチメント義歯は、磁性アタッチメント義歯と呼ばれるものです。

この磁性アタッチメント義歯は、残っている自分の歯を利用して装着します。

自分の歯に磁石を取り付け、義歯の磁石と合わせて固定します。

このように磁石を合わせる事によって、磁力を利用した装着が可能になります。

磁石で装着する為、保険の部分入れ歯のような目立つ金具がありません。

その為、保険の部分入れ歯よりも見た目が良いと言えます。

また磁性アタッチメント義歯は、生えている自分の歯に装着するので、保険の部分入れ歯と比較すると安定感があり、噛む力も増します。

磁性アタッチメント義歯は、保険の部分入れ歯よりも高くなってしまいますが、比較的多くの歯科医院で作ることが可能です。

ただ入れ歯に磁石を入れる為、その部分が衝撃に対して少し割れやすい点がデメリットとなりますが、見た目は保険の部分入れ歯よりも綺麗なので、希望される方は歯科医院で相談してみましょう。