Back to top

部分入れ歯について

Denture new

部分入れ歯について

Partial Denture(部分入れ歯の症例) 1

人間の歯は、乳歯から永久歯に生え変わります。

永久歯に生え変わった後、ひどい虫歯や歯周病になってしまうと、症状によっては歯を失う場合があります。

永久歯の時に歯を失うと、もう代わりとなる歯はありません。

このような場合には、部分入れ歯を使用します。

 

部分入れ歯は、失った歯の大きさに合わせて作ります。

失った歯の大きさに合わせて作らないと、元の場所に入りません。

Partial Denture(部分入れ歯の症例) 2

その為、歯と歯の間にある隙間に大きさを合わせ、調整しながら仕上げます。

一般的に部分入れ歯は、引っかけて使うタイプが主流です。

部分入れ歯にはフックが付いているので、このフックを利用して支えとなる歯に引っかけます。

通常、引っかけるフックの部分は、銀色の金具なので少し目立ちます。

この金具が気になる人には、今は色々なタイプの部分入れ歯が利用できるようになっているので、歯科医院で相談すると良いでしょう。

 

また部分入れ歯は、歯の一部を補うものですが、合わないような時には早めに調整する必要があります。

例えば、入れ歯が当たるような感覚がして、痛みを伴うような場合には、我慢せずに早めに歯科医院へ行って診てもらうようにしましょう。

新しく作ったからと言って、そのまま無理に使い続ける人がいますが、不具合を感じた時には再度調整する必要もあると認識し、そのまま無理して使い続けないように注意しましょう。

もし合わない入れ歯を無理に使い続けると、当たっている歯茎が炎症を起こしてしまう場合があります。

また引っかけている歯まで駄目にしてしまう可能性もあるので、このような事がないように不具合を放置せず、随時調整して行くように気を付けましょう。

使いながら欠けてしまった時は、自己判断をせずに早めに歯科医院へ持っていき、入れ歯を確認してもらう事が大切です。