Back to top

金属床義歯(総入れ歯)

Denture new

金属床義歯(総入れ歯)

20121205121927194

総入れ歯を作る場合、最近では様々なものが選べるようになって来ました。

保険の総入れ歯の場合には、一番安価で手軽に作れます。

しかし、より快適な使い心地を求めると、保険外の高価な総入れ歯になります。

自分の症状や、要望に合わせ、歯科医院で相談しながら上手に利用すると良いでしょう。

 

20121205122006707

保険外の総入れ歯では、金属床義歯と呼ばれるものがあります。

この金属床義歯とは、義歯床が金属で作られています。

義歯床が金属で作られている場合には、入れ歯を薄く作れるメリットがあります。

入れ歯が薄いという事は、その分、話しやすかったり、口の中の違和感が少なかったりするメリットもあります。

しかし、金属床義歯は保険外でつくる為、費用が高額になってしまいます。

20121205121956448

また修理も難しいとも言われています。

例え費用が高額になっても、より使い心地の良い総入れ歯を求めている場合には、このような金属床義歯も検討すると良いでしょう。

金属床義歯には、保険の総入れ歯に比べ、他にもメリットがあります。

一般的に金属床義歯は、ほとんどの症状に合わせて作る事ができます。

丈夫で割れにくい点もメリットとして挙げられ、また汚れが付きにくく、清潔な状態で使用できます。

金属床義歯の使い心地としては、保険の総入れ歯よりも薄く作られる為、よりぴったりと合うような感覚になると言われています。

また金属は、熱を伝えるので、保険の総入れ歯のように温度感覚が無いといった問題も解消されます。

 

しかし義歯床が金属で作られているので、落ちたり、外れやすいという問題点もあります。

また金属アレルギーの原因になりやすい可能性もあり、このようなデメリットも踏まえた上で、歯科医院で相談される事をお勧めします。

保険の総入れ歯の場合も、また金属床義歯でも定期的な調整は必要なので、使い心地や状態を見ながら検討して行くと良いでしょう。