Back to top

総入れ歯のメリット

Denture new

総入れ歯のメリット

歯を失うと、部分入れ歯を使用して補いますが、徐々に失う歯が増えるにつれて総入れ歯を使用するようになります。

総入れ歯の使用を避けていると、ものが噛めない状態になり、食事ができなくなります。

また総入れ歯を使用しないまま、無理に飲み込もうとすると喉に詰まって危険なので、使い始めの頃に違和感を感じても、慣らして行くようにしましょう。

また使い心地が悪かったり、痛みを感じる場合には、現在では様々なタイプの総入れ歯が選べるようになっているので歯科医師に相談して検討してみましょう。

 

総入れ歯を使うメリットとしては、保険の総入れ歯であれば安価で用意する事ができます。

保険が適用されるので、費用の心配をせずに総入れ歯が作れます。

また保険の総入れ歯では、ほとんどの症例に使用できると言われているので、このような点でも安心して作れるメリットがあると言えます。

 

また同じように、ほとんどの症例で使える義歯としては、金属床義歯もあります。

金属床義歯の場合は、保険の総入れ歯よりも自分に合った装着感が得られるメリットがあります。

また汚れが付きにくく、清潔な状態を保ちやすい事もメリットとして挙げられます。

金属を使用しているので、丈夫で割れにくく、安心して使えます。

保険の総入れ歯と比較すると、入れ歯を薄く作れる分、話しやすかったり、違和感が少なくなる等、装着感が良いとも言われています。

また金属床義歯の場合は、金属を使用する為、熱を伝える効果もあります。

 

この他にも、総入れ歯は使い心地や自分の好みに応じて、様々なタイプのものが選べるようになりました。

今現在使用している入れ歯に不具合が生じていたり、不満がある場合には、我慢せずに歯科医院で相談したり、助言を生かしながら総入れ歯の調整ができると良いでしょう。