Back to top

インプラント総義歯

Denture new

インプラント総義歯

総入れ歯を使用する際、一番安く作ろうと考える場合には、保険の総入れ歯があります。

しかし使い心地などを重視する場合には、保険外の総入れ歯も選べます。

保険外なので費用は高くなってしまいますが、使い心地が良く、快適に過ごせるというメリットもあります。

 

保険外の総入れ歯では、インプラント義歯と呼ばれるものがあります。

インプラント義歯は、インプラントと呼ばれるネジを使用します。

このインプラントを顎の骨に埋め込み、埋め込んだインプラントを固定源として入れ歯を装着します。

インプラント義歯の場合には、保険の総入れ歯と比べると、入れ歯をしっかりと固定できるメリットがあります。

入れ歯をしっかりと固定できる為、総入れ歯の中では、最も強い力でものが噛めるとも言われています。

インプラント義歯は、しっかりと固定されるので、保険の総入れ歯のような、入れ歯が当たる痛みを軽減できる効果もあります。

また顎に直接インプラントが埋め込まれるので、固定源がしっかりして違和感が少なく、入れ歯が落ちたり、外れたりする事も防げます。

またインプラント義歯の場合には、顎の骨に噛む力が伝わる為、顎の骨が溶けるスピードを遅くする効果もあります。

 

インプラント義歯の場合、このようなメリットも多くありますが、デメリットもあります。

インプラント義歯のデメリットとしては、手術費用が生じる為、治療費が高価になります

まずインプラントを埋め込む必要があるので、必ず手術が必要となります。

またインプラントを埋め込んだ後には、ネジと骨がしっかりと付くまでの時間が必要となり、治療期間が長くなる傾向があります。

このようなメリットとデメリットをよく比較した上で、検討される事をお勧めします。