Back to top

入れ歯(義歯)について

Denture new

入れ歯(義歯)について

保険の部分入れ歯は、使える素材に制限があります。

入れ歯の床にはプラスチック樹脂しか使えません。

樹脂は固くて、分厚いため、装着の違和感があります。クラスプは金属製のみと決められていて、見た目が良くありません。

 

保険の総入れ歯は、歯肉等に吸着させるように嵌めるので、口腔内を広く覆う形状です。

床はプラスチック樹脂です。食事中や会話中に外れる場合があり、噛む力は天然歯の約20~30%の力しかなく、固い物は厳しいです。

しかし、保険の入れ歯は安価で、シンプルなデザインなので、取り外しての洗浄が簡単です。

 

以下は保険外の主な部分入れ歯です。

 

アタッチメント義歯はクラスプ(留め金具)のないタイプです。

代わりにアタッチメント装置(磁性金属、ボール、ロケーター等)を付けた歯と、入れ歯とを連結します。

装着の違和感が少なく、安定感があり、強く噛めて、審美性が優れています。

 

ホワイトクラスプは、アセタル樹脂という白いプラスチックのクラスプです。

保険の金属クラスプは見た目が良くないため、それを目立たないようにしたものです。

 

テレスコープ入れ歯は、リーゲル、コーヌス、レジリエンツ等の入れ歯の総称です。

どのタイプもクラスプはありません。土台になる歯の内冠と、入れ歯の外冠を組み合わせ、嵌め込みます。ドイツで開発され、高い精密技術によって作られ、審美性に優れています。

 

スマイルデンチャーは、笑ったときに入れ歯だと分からないという意味で名付けられました。

命名通り、審美性は高水準に優れています。クラスプはありません。

入れ歯の床素材は、スーパーポリアミドというナイロン樹脂です。薄くて軽くて弾力があります。

 

以下は保険外の主な総入れ歯です。

 

金属床義歯は、床が金属(ゴールド、チタン、コバルトクロム等)でできています。

床が薄いので、装着の違和感が少ないです。金属は熱伝導が優れているので、温度の体感にズレはありません。

金属は汚れや臭いが付着しにくいため、衛生的です。

シリコン義歯は、床の内側を吸着性の高い柔軟なシリコンにすることで、歯茎に優しく、硬い物を噛む力があり、違和感が少なく、入れ歯の安定感も優れています。

マグネットアタッチメント義歯は、マグネット(磁石)を入れ歯に取り付けて、土台の歯にキーパー(磁性金属)を装着し、磁力によって外れないようにします。

装着の違和感が少なく、安定感があり、強く噛むことができます。

 

インプラント義歯は、歯槽骨にインプラントを埋め込み、インプラントの上に総入れ歯を装着します。

すべての総入れ歯の中で、最も安定感があり、噛む力も非常に優れています。