Back to top

メタルボンド

Ceramic

メタルボンド

メタルボンドは、中身は金属で作られており、外側から見える部分のみセラミックが貼り付けてあります。

見た目が良く、変色もしない為、日本では良く使用されています。

 

ceramic metalbond

メタルボンドは、色が自分の歯に似ている為、きれいに仕上がります。

外側がセラミックで貼り付けてある事により、周りの歯の色に良くなじみます。

また中身が金属になっているので、丈夫で割れにくいという特徴もあります。

強度が強いので、ほとんどの歯に使用できます。

 

またメタルボンドの場合、中の金属を取り換える事も可能です。

もしメタルボンドの中の金属を貴金属にすれば、金属が溶けだす影響を防ぐ事もできます。

一般的に金属が溶けだすと、身体に様々な影響を与えると考えられています。

金属が溶けだすと、金属アレルギーになってしまう可能性もあります。

また金属が溶けだす事によって、歯茎の変色も引き起こすとも言われています。

メタルボンドの中の金属を変える事によって、マイナスの影響を予防できる点は、大きなメリットと言えます。

このようにメタルボンドには様々なメリットがありますが、デメリットも考慮して考える必要があります。

メタルボンドのデメリットとしては、色がオールセラミックには劣ると言われています。

また将来的には、歯茎が下がってしまう可能性もあり、このような点はデメリットと言えます。

将来的に歯茎が下がってくると、歯と歯茎の境目が見えてしまう事もあります。

またメタルボンドの中の金属の種類によっては、金属アレルギーなど引き起こす可能性もあるので注意が必要です。

更にメタルボンドの場合には、保険外の治療となる為、保険治療に比べると治療費が高くなります。

しかしメタルボンドにも大きなメリットがあるので、保険外の治療にはなりますが、メリットを上手に生かして綺麗な歯に仕上げる事も可能です。