Back to top

硬質レジンクラウン

Ceramic

硬質レジンクラウン

ゴールドインレーは、保険適用外となる金属インレーです。

このゴールドインレーは、主に金合金や、白金加金で作られています。

通常ゴールドインレーは、性質上、錆びにくい点がメリットと言えます。

錆びにくいという事は、保険の金属で問題とされていた金属の溶け出しを防げるという大きなメリットもあります。

保険の金属では、溶けだしてしまう影響によって、金属アレルギーの問題が生じていました。

また今までの保険の金属では、金属アレルギー問題の他にも、歯や歯茎の変色等がデメリットとして考えられていました。

しかしゴールドインレーでは、このような点も含めて、溶け出しによる影響を軽減できるメリットがあります。

   ゴールドインレーは、保険外なので高額ですが、この他にもメリットがあります。

このゴールドインレーは、金属なので強度があります。

強度がある性質を利用し、噛み合わせ部分などの強い力が加わる場所にも使用が可能です。

またゴールドインレーの場合には、性質上、適合するレベルが高く、治療した場所が虫歯になりにくいと言われています。

このようにゴールドインレーは、様々なメリットがありますが、見た目が良くないなどの、デメリットもあります。

金属なので歯の色になじまず、見た目が良くありません。

歯の色は白系統の色をしているので、ゴールドインレーの場合には、歯の上で金属の色が目立ってしまい、綺麗な見た目とは言えません。

このようなゴールドインレーの見た目が気になる場合には、他の目立たないインレーを検討すると良いでしょう。

また基本的にゴールドインレーは保険外の扱いになりますが、歯科医院によっては、保険適用ができる金属を使用しながらも、保険外として取り扱っている医院もあるので、このようなケースもある事を覚えておきながら、注意深く検討する必要があります。