Back to top

クラウンの費用

Ceramic

クラウンの費用

Teacher cleaning chalkboard with duster

クラウンは、歯を削った後に被せる人工的な歯のことです。

虫歯治療の際など、歯を大きく削った場合に使用します。

現在では、クラウンにも様々な種類があります。

例えば、セラミック製のものや、金属で作られたもの、またプラスチック製のものもあります。

これらのクラウンは、材質によって保険治療が適用される場合と、完全に自費治療になる場合があります。

また歯科医院では、それぞれ取り扱っているクラウンの種類も異なるので、治療前には事前に確認する事も必要です。

 

クラウンの料金は、保険治療になるか、または保険外の自費治療となるかで金額にも大きな差が生じます。

できる限り安く抑えたいと考える場合には、保険が適用となる安価なクラウンの料金を選択すると良いでしょう。

しかし保険治療では、使えるクラウンの種類に制限があります。

保険治療を選択する場合には、銀色の金属か、変色するレジンというプラスチックのものになります。

例えば、銀色のクラウンを使用する場合には、料金が安価で良いのですが、銀色が目立ってしまい、見た目が良くありません。

見た目を気にしないような人であれば全く問題はないのですが、口を開く度に銀色のクラウンがかなり目立ってしまうケースもあります。

通常、歯は白いので、白系統の歯に銀色が重なると色味が全くなじみません。

 

このような場合には、徐々に見た目が気になるという人も増えて来るので、変色するプラスチックのレジンにするか、保険外のクラウンに取り換える必要があります。

料金が気になるような場合には、変色するプラスチックのレジンに直す人もいると思いますが、このレジンも徐々に黄色く変色する可能性があります。

このようにクラウンの料金を抑えたい場合には、保険治療となりますが、美しい白い歯に仕上げられない点や、徐々に見た目が劣る点を考慮すると、一番目立つ所には保険外のクラウンを利用するなど工夫すると良いでしょう。