Back to top

クラウン

Ceramic

クラウン

クラウンとは、人工の歯のことです。

 crown

差し歯や被せ物とも呼ばれていますが、虫歯治療の際などで歯を削った後に被せます。

このクラウンは、様々な種類のものがあります。

クラウンにはセラミック製のものや、金属で作られたものなど色々な種類があります。

またどのクラウンを使用するかによって、保険適用となる場合もあれば、保険外となり自費治療となる場合もあります。

また、それぞれの歯科医院によって、取り扱っているクラウンの種類も異なるので、治療前には良く確認するようにしましょう。

 

保険治療のクラウンでは、銀色の金属や、変色するレジンしか使用できません。

また基本的に保険治療では、レジンも使用箇所が制限されており、その他の歯には全て銀色のクラウンを使用する事になります。

見た目を気にする場合には、保険外のクラウンの方が綺麗に仕上がる為、お勧めです。

しかし保険外であれば費用の問題も生じるので、歯科医院でよく相談し、要望に合わせて、適切なクラウンを教えてもらうと良いでしょう。

もし保険治療によって前歯を治す場合には、色が変色して見た目が悪くなってしまう点も考慮した方が良いでしょう。

保険治療の場合には、確かに安価で費用を抑えられますが、前歯の場合には、変色した歯が目立つと徐々に気にしてしまう人もいると思うので、デメリットも含め、歯科医院でよく相談するようにしましょう。

また保険治療のクラウンの場合には、基本的に2年間の保証期間があります。

一方、保険外のクラウンの場合には、それぞれの歯科医院によって補償内容も変わります。

保険外の自費治療の場合には費用も高額になるので、クラウンの補償内容等も含め、事前に確認してから治療を行うように注意しましょう。