Back to top

虫歯の症状

Caries

虫歯の症状

Carius symptom

虫歯の症状は、C1からC4までの尺度で段階的に表すことができます。

虫歯は、口腔内の細菌(主にミュータンス菌や尿酸桿菌)が飲食物の糖質から酸を作り、その酸が歯の表面のエナメル質を脱灰させて溶かすことで始まります。

エナメル質はとても硬いので、菌に侵され溶けていく速度は緩やかです。

エナメル質自体には神経は通っていませんから、最初から痛みが発生するわけではありません。

この段階がC1です。

歯の表面に乳白色や、ごく小さな薄褐色の斑点が現れる程度です。

次に、虫歯の病巣はエナメル質を溶かして穴をあけ、エナメル質の奥にある象牙質に侵入します。

この段階がC2です。

虫歯の部分が黒くなるので、病変の進行が一目瞭然になります。

C1がエナメル質貫通、C2が象牙質貫通ということになります。

象牙質はエナメル質よりも厚みがあります。だから、次のC3段階に移行するまでには時間があります。そのため、C2の初期、中期、後期で、症状にも違いがあります。

C2の初期では、まだ痛みの自覚は殆どありません。病巣が象牙質の中ほどまで侵入すると、冷たい物や熱い物、柑橘類等の酸味が沁みて知覚過敏になります。

さらに進行して病巣は象牙質を貫通し、その奥の歯髄に侵入します。

この段階がC3です。

ここまで来ると、歯には大きな黒い穴があいています。

歯髄は歯の中央部にあり、歯の外形と同じような形をしていて、神経や血管が通っています。

病巣が歯髄に触れる段階では、飲食物が沁みるだけでなく、絶えずズキズキと痛みます。歯髄炎を起こしている状態で、激痛に見舞われることもあります。

さらに病巣は歯の下部の歯根に侵入します。

この最終段階がC4です。

歯はすでに虫歯でぼろぼろ状態です。

歯はいったん虫歯になると、治療しないかぎり、自然に治ることはありません。