Back to top

虫歯のリスク

Caries

虫歯のリスク

Caries risk

口腔内で細菌と飲食物の糖質が合わさり、酸ができ、その酸が歯を溶かすことで虫歯になります。その流れを遮断することが虫歯予防になります。

だから、細菌と糖質が合わさらないように、毎日の歯磨きと、プラーク(歯垢)を減らずプラークコントロールが大事になります。

但し、虫歯になりやすい人と、虫歯になりにくい人がいます。

「私は毎日欠かさず歯磨きしている。でも、虫歯になった」という方は、別の虫歯リスクが考えられます。

例えば、歯の形や歯並びの状態。歯と歯の隙間にプラークが入り込みやすい歯並びで、普通に歯磨きしても、奥の方まで届いていない場合、虫歯のリスクは高くなります。

また、不規則な食生活や、間食を含めて食べる回数が多い場合、虫歯のリスクは高くなります。

理由は、再石灰化が妨げられるからです。糖質を含む飲食物を摂取すると、脱灰が起こりやすくなります。脱灰とは、歯のエナメル質等が溶ける現象です。脱灰はやがて唾液によって修復され、歯を元に戻す再石灰化が起こります。唾液にはカルシウムやミネラルが含まれていて、再石灰化の作用があります。これが正常な流れですが、再石灰化のときに、また飲食物を摂取すると、再石灰化している暇がなくなり、エナメル質の剥げた状態から、虫歯へと進行しやすくなるのです。

また、飲食物の糖質の量に応じて、それに反応する細菌の働きが変化します。単純に糖質量が多くなれば、細菌は活性化し、歯を溶かす酸が多く作られ、より虫歯のリスクは高くなります。

就寝中の歯ぎしりや、上下の歯の噛み合わせが偏っていると、歯の表面を傷めるため、虫歯のリスクは高くなります。

唾液の分泌量も関係があります。唾液の分泌が少なく、口が乾いている状態が長く続くと、虫歯のリスクは高くなります。

毎日歯磨きをしていても虫歯になってしまうのは、上記の主なリスク要因が関係している可能性があります。